眼精疲労・老眼・目の悩みを改善!サプリメント、グッズ、アイケア対策を実際に試してみました。

目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策

目の病気

日光過敏症の対策※市販薬、サプリメントの効果は

投稿日:

日光過敏症の対策として、薬、サプリメント、市販薬や

日焼け止め対策について詳しく書いています。

日光過敏症の薬とは(内服薬、外用薬)

日光過敏症は、通常では問題の内容な光線の種類や量を浴びただけで、浴びた部位の皮膚が異常な反応を起こしてしまう症状です。かゆみや水ぶくれ、湿疹などで患部が腫れることがあります。抗アレルギー、抗ヒスタミン薬、ひどい時にはステロイド内服薬やステロイド外用薬を用いることで治療が行われます。医師の処方が必要なものもありますが、市販のかゆみを抑える商品で対応できる症状もあります。ステロイドをしようするときには、部位や重症度によって使い分ける必要があります。また、使用する成分によっては症状が悪化することもあるので、注意しましょう。

日光過敏症の原因

日光過敏症の原因は、紫外線によって体の中の免疫システムが過剰に反応することで起こるといわれています。紫外線を浴び続けてから、紫外線に対する抗体量を超えてしまうと、アレルギー症状を発症してしまうのです。抗体量は人によって違うので、少量の紫外線を浴びただけでも発症することもあります。代謝障害や遺伝子異常などの生体内の異常が関係しているといわれています。また、外因性によるものもあります。例えば、服用した薬や日焼け止め成分などが影響してアレルギー反応を起こしたりする場合です。薬を飲んだり、日焼け止めを塗ったあとに、ほんの少しの量の紫外線をあびただけで発症することがあります。

日焼け止め対策

日光過敏症の人は、紫外線対策をしっかりする必要があります。基本的に、紫外線を避けるために、長袖長ズボン、ストールや帽子、フェイスマスク、サングラスなど、完全防備することが大切です。また塗る日焼け止めを選ぶ際には、紫外線拡散剤を使用しているものを選びましょう。紫外線拡散剤は、熱を反射する作用があります。ウォータープルーフタイプのものによくある紫外線吸収剤の商品を使用すると、酸化チタンや酸化亜鉛が含まれていることで肌が敏感に反応します。アレルギー反応を起こし、湿疹やかゆみが起こることがあるので注意が必要です。

日光過敏症の市販薬はステロイド剤 ?

ステロイド剤は、長期間の使用は避けたほうが良いといわれている薬です。副作用が出たり、皮膚が薄くなる、毛細血管が拡張してしまう、という可能性があるからです。しかしながら、用量、用法を守れば体への副作用があらわれることはほとんどありません。日光過敏症に対応する市販薬も販売されています。ステロイドにかゆみ止めや抗生物質が」配合されたものもあります。市販のものは、穏やかな効き目が得られ、顔など全身に使用できるものが多いです。もちろん、効き目が弱いものだからといって、たくさん使用してよいわけではありません。用量、用法を守るようにしましょう。

サプリで飲む紫外線対策※「めなり」の特徴

サプリで紫外線対策をすることも予防、症状改善のひとつです。例えば、「めなり」という商品は、目に良い成分が凝縮されたサプリですが、それに含まれるルテインやゼアキサンチンは、天然のサングラスとも呼ばれ、紫外線などのダメージから体を守る働きをしてくれます。これらの成分が黄金比率で配合されているのが、この商品の特徴です。また、目に良いといわれている成分、アントシアニンを多く含む、特許取得のビルベリーエキスを配合しています。抗酸化作用も高く、体への吸収率、持続力が高いことも、この商品の特徴となっています。

-目の病気
-, ,

Copyright© 目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.