眼精疲労・老眼・目の悩みを改善!サプリメント、グッズ、アイケア対策を実際に試してみました。

目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策

目の病気

日光アレルギー対策※薬やサプリメント日焼け止めなど

投稿日:

日光アレルギー対策について詳しく書いています。

薬(市販薬、塗り薬)やサプリメント、

日焼け止めなどを記載しています。

日光アレルギーの症状

すべての食物にアレルギーが存在することは広く知られています。それに比べると太陽光にも同等の病状を引き起こす可能性があることは、あまり認知されていません。具体的に日光アレルギーの症状をあげると、肌への影響が顕著です。中でも顔は発症しやすく、赤く炎症を起こし、痒みが生じ、腫れることさえあります。さらに目も充血するようになり、絶えず異物感に苛まれることも覚悟するべきです。肌だけではなく、発熱や吐き気に襲われることも珍しくなく、日常生活に支障をきたしかねません。そのため、早めに診察を受け、対処することが大切です。

日光アレルギーの薬(塗り薬・市販薬)について

病院で光線過敏症テストを受けるなどして日光アレルギーと診断されたら、薬を用いることになります。一般的に処方されるのは、飲み薬か塗り薬で、症状に合わせて服用できるので効果的です。もし、急に発症した場合は、市販薬の軟膏で対処することになります。湿疹や痒みに対応したものを選ぶべきですが、配合成分には注意が必要です。とくにステロイド剤は。長期使用すると体に影響を及ぼしてしまうことがあります。もし1週間程度使っても改善が見られない場合は、ただちに医師の診断を仰ぐことが大切です。基本的には病院にかかり、専門医とともに有効な対策を講じていきましょう。

日焼け止めはどれがいい?

日光アレルギーに陥った場合、無防備に屋外に出ることが極力避けなければなりません。少なくとも日焼け止めは必須で、顔や腕など、露出した部分に塗って出かけることが求められます。それも適した製品を選ぶことが重要で、具体的には紫外線吸収剤か紫外線散乱剤の含有が必要です。これらが入っていれば、体の奥深くにまで日光が届くことがありません。ただ、肌へ負担がかかることもあり、かえって症状を重くする事態も想定されます。合わないと感じたらただちに使用を止め、他の対策法を考えましょう。帽子や日傘との併用も有用といえます。

サプリで飲む紫外線対策を

塗り薬や日焼け止めだと、肌への影響は防げても、目から入ってくる紫外線は遮断できません。サングラスにも限界があり、第一、常時着用するわけにはいかないという難点もあります。そこで採用したいのが、サプリメントの服用です。たとえばアントシアニンは紫外線を吸収して、体内への侵入を防いでくれます。植物を強い光から守ってくれるゼアキサンチンは、紫外線対策としても注目されている成分です。他にも有効成分としてはルテインなども有名で、日夜開発が続けられています。これらを豊富に含んでいるサプリメントは、体の中から健康を促してくれる強い味方です。

紫外線対策サプリ「めなり」の特徴

ルテイン・ゼアキサンチン配合のサプリメントといっても、品質をしっかり確かめなければなりません。日光アレルギーの方には、必要な成分が豊富に含まれているものを優先するべきです。こうした中、アントシアニンもたっぷり入っているサプリメントとして、評判の逸品があります。それが理想の高スペックを誇る、めなりです。この製品は、業界トップクラスの配合を実現しているだけでなく、吸収率にも工夫を凝らしています。現代人は日光だけでなく、屋内でもパソコンやスマートフォンの光に晒されているものです。だからこそ対策サプリメントを使って、ダメージを抑制していきましょう。

 

-目の病気
-, ,

Copyright© 目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.