眼精疲労・老眼・目の悩みを改善!サプリメント、グッズ、アイケア対策を実際に試してみました。

目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策

ビタミン

瞼の痙攣はビタミン不足とストレスが原因?(まぶたのけいれん)

投稿日:

瞼の痙攣はビタミン不足とストレスが原因と言われています。

不足しているビタミンと、けいれんの止め方について

まぶたの痙攣はビタミン不足が原因

"画面などを見ている時、本を読んでいる時など、ふとした時に瞼が痙攣した経験がある方は多いのではないでしょうか。単なる疲れ目の延長かと思ってしまっている方も多いですが、実はこの鬱陶しい瞼の痙攣はビタミン不足が原因かもしれません。痙攣が起こる理由は様々なことが考えられますが、最も多いのがこのビタミンが不足していることです。不足していると、上手く疲労を排出できなくなったり、血行が悪くなったり、あるいは有害物質が筋肉内で発生することによって痙攣が引き起こされると言われています。頻繁に悩まされている方は、まず食生活にビタミンを取り入れてみるのが良いでしょう。"

ストレスも原因のひとつ

瞼の痙攣が起こる理由で最も多いのはビタミン不足と言われていますが、それと同じぐらい多いのがストレスによって起こるものです。このタイプは自覚症状はあっても原因の特定が非常に難しく、治りにくいと言われています。というのも、元を取り除けなければ再発してしまいますから、それを断たなければ治すことができないからです。しかし、現在では薬である程度抑えることができるようになりました。痙攣が慢性的に起こってしまい、そしてビタミン不足も考えにくい、そのような方は薬によって治すことを視野に入れておいたほうが良いでしょう。

「まぶた」けいれんの止め方。薬の場合

ストレス性が原因として考えられる場合、やはり止め方はストレスを絶つか、薬を用いるしかありません。では、瞼の痙攣を改善する薬にはどのようなものがあるのでしょうか。代表的な薬は、抗けいれん薬、抗コリン薬の二種類が挙げられます。前者は神経に作用するナトリウムやカリウムなどを細胞内に進入することを阻害して、痙攣を防ぐ効果があります。後者は神経伝達物質であるアセチルコリンを、受容体に結合するのを阻害して痙攣を防ぎます。つまり、これらの薬を飲むことによって神経の伝達を阻害し、痙攣させないようにすることができるのです。けれども、これらの効果は一時的なもので、原因を特定できなければ再発してしまうこともあります。

必要なビタミンとは

瞼の痙攣の原因としては最も多いビタミン不足ですが、具体的にはどのようなビタミンが不足して起こるのでしょうか。原因として考えられているビタミンは4種類と言われています。一つ一つ見ていきましょう。まず、一つ目は、ビタミンAです。ほうれん草や、レバーなどの動物性の食品に多く含まれています。そしてビタミンB1は豚肉などに多く含まれており、ビタミンB2も同様です。最後にビタミンEは魚介類に多く含まれていて、疲労回復効果があると言われているビタミンです。瞼の痙攣は、これらのビタミンが不足して起こります。食卓で簡単に取り入れられる食品ですから、気をつけて摂取していくのが良いでしょう。

ビタミン群を含み目に効くサプリ「めなり」

瞼の痙攣を治すために気をつけるべきことは、食生活からストレスまで、沢山ありそうですが、それらを全てこなしていくのは非常に大変です。特に、食事から4種類ものビタミンを摂取していくのは、なかなかできることではありません。そういった時には、目に効くサプリめなりを試してみてはいかがでしょうか。ビタミン群を始め、目の活動に必須なミネラルなど、9種類以上の目に効く成分を含んでいることが特徴で、食事から摂取しにくい栄養素も簡単に取り入れることができます。瞼の痙攣だけでなく、最近目が疲れやすくなった、長時間画面を見られなくなった方などは、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

-ビタミン
-, ,

Copyright© 目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.