眼精疲労・老眼・目の悩みを改善!サプリメント、グッズ、アイケア対策を実際に試してみました。

目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策

食べ物

視力回復で目にいい食べ物はどれ?

投稿日:

視力回復で目にいい食べ物はどれ?

疲れ目、かすみ目も視力低下の原因となりますが、

目にいい視力回復に効果ある食べ物をまとめました

視力回復ならルテインを含む食べ物

視力回復であればルテインを含む食べ物がおすすめです。

ルテインとはカロテノイドの一種で、食品に含まれる色素成分のことになります。βカロテンやリコピンなども仲間になります。

ルテインには抗酸化作用があるので、紫外線で作られてしまう活性酸素から目を守ってくれます。

ルテインは自然界にのみ存在している成分なので、人間の体の中で作り出すことはできません。ほうれん草・ブロッコリーなどの緑黄色野菜などに豊富に含まれていますので、積極的に毎日摂取するようにしましょう。

ルテインはビタミンなどと違い熱に強いので、料理して焼いたり煮たり炒めたりしても損なわれることがほとんどありません。1日の推奨摂取量は6mgになります。

疲れ目・眼精疲労ならこの食べ物(アントシアニン)

アントシアニンはブルベリーやカシス、マキベリーなどにとくに多く含まれているポリフェノールの一種になります。

人間の生理機能を活性化することが期待されていて、目の角膜に対しても良いはたらきを期待することが可能です。

角膜の内側にはロドプシンという色素体があり、光を感じると分解されて再合成されます。

この連続によって視神経を刺激する信号になり、視覚情報として脳へ送信されます。

ロドプシンは食べ物から摂取したビタミンAが、体の中で変化した物質なのですがどんどん消耗してしまいます。ロドプシンが生成されるよりも多く消耗すると目の疲労へと繋がるのです。

アントシアニンはロドプシンの再合成を促進して目の疲労回復へつなげる効果を期待することができます。

その他、目にいい成分

アスタキサンチンはビタミンEの1,000倍もの抗酸化力を持っているので、水晶体や毛様体筋の老化防止効果があります。

ゼアキサンチンは、ルテインと同じで野菜に多く含まれている天然色素のカロテノイドの一種で、黄斑を守る効果を期待することができます。

クロセチンはクチナシの実やサフランなどに含まれている天然の黄色の色素ですが、眼精疲労の軽減効果と、目を光から守ってくれる効果を期待することが可能です。

ビタミン群は体の細胞のためのタンパク質や糖質や脂質やカルシウムなどのはたらきを助けてくれます。

体の中では合成することができないので、毎日摂取する必要があります。ビタミンA、ビタミンB1・B12、ビタミン2・B6などを摂取するようにしましょう。

DHAや亜鉛を含む食べ物も

亜鉛はカキ(牡蠣)などに多く含まれている栄養素ですが、緑内障の改善効果を期待することができます。

亜鉛は動物性食品に多く含まれているミネラルの一種です。タンパク質・核酸の代謝に関係しています。

目が光を感じる時に必要なロドプシンの再合成のときにビタミンAが必要になるのですが、亜鉛にはビタミンAを運ぶはたらきがあります。

亜鉛が不足すると網膜でロドプシンが不足してしまうのです。DHAは青魚に多く含まれています。

DHAは網膜の脂肪の40パーセントから60パーセントを占めている成分なので、目の機能や視力には不可欠な成分になります。

DHAが体の中で不足すると視力の低下を引き起こしてしまうことがわかっています。

視力回復にビタミン群の食べ物も

ビタミンB2は牛乳やヨーグルトなどから摂取することをおすすめします。

視神経の働きを促進して、目の細胞の再生充血や疲れ目などの回復に効果があります。

ビタミンB」12は赤貝やアサリなどから摂取することをおすすめします。造血作用に関係しているビタミンなので、不足してしまうと視神経症が起こってしまう可能性があります。

ビタミンAはニンジンやレバー から摂取することをおすすめします。

夜盲症の予防効果、網膜や目の粘膜を保護する効果、ドライアイの改善効果などを期待することができます。

ビタミンB1は豚肉や大豆などから摂取しましょう。視神経の働きを促進し、目から脳への神経伝達機能を正常に保つ効果を期待することが可能です。

-食べ物
-, ,

Copyright© 目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.