眼精疲労・老眼・目の悩みを改善!サプリメント、グッズ、アイケア対策を実際に試してみました。

目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策

目の病気

紫外線と目の病気の関係

投稿日:

最近は目の日焼けトラブルが問題になっています。

紫外線がと目の病気の関係をまとめました。

紫外線が原因の目の疾患

紫外線は肌に悪影響を与えるということが明らかになって子どもの頃から日焼け止めを塗る人が増えています。

紫外線はほどほどに浴びる分には害はありませんが、強い紫外線を浴び続けると肌だけでなく目にも悪い影響が出てしまいます。

沖縄の久留島で行われた研究では40歳以上の30%の人が翼状片(よくじょうへん)を発症しているという結果がでて、これは世界で一番多いのだそうです。

翼状片という病気は紫外線が原因で起こる病気です。

この病気以外にも紫外線が原因となって起こる目の病気に 瞼裂斑(けんれつはん)や 白内障 といったものがあります。

目は気付かないうちに紫外線を浴びてしまっているため、子どもの頃から蓄積された紫外線の害が病気となってあらわれるのです。

翼状片(よくじょうへん)とは

紫外線が原因で起こる病気のひとつである翼状片は、目頭の白目の部分から血管を伴った半透膜の膜が黒目の方に入りこんでくる病気です。

この膜は結膜が増殖してできたもので、太い血管を伴っているために目が充血したように見えます。

翼状片は良性腫瘍になるので特別な症状がなければ初期のうちはそのままにしておいても大丈夫です。

進行してくると眼球に歪みが生じるため、物が歪んで見えるという症状があらわれます。

その他にも細胞が増殖することで目の中に異物感が出てきます。

そういった症状が強い時には手術を行うこともあります。

目の充血が長い間続いているという人は目の中をよく見てみると翼状片の症状が見られるかもしれません。

この病気は誰もがなる可能性があります。

瞼裂斑(けんれつはん)とは

もうひとつの紫外線が原因で起こる目の病気は瞼裂斑です。

これは白目の部分が隆起して黄色く濁っている状態になる病気です。

 

瞼裂斑はたんぱく質と脂肪が変化したもので白っぽいものから黄色いものまであります。

目頭に起こることが多い病気ですが目尻側に出来ることもあります。

黒目に何かついているけれど取れないという理由で受診する人がほとんどです。

 

翼状片と違って見えにくいといった症状が出ることはありませんが、

瞼裂斑から翼状片に変化していくことがあるので注意が必要です。

 

悪性ではありませんが症状が進み炎症が起こると充血してきたり痛みが出ることもあります。

この病気も年齢が上がるほど発症する人が多くなるので、

今までに受けた紫外線の量が関係していると言えるでしょう。

紫外線が目に与える影響

目は粘膜が露出している部位であるため、

身体の中の他の部位よりも紫外線のダメージを直に受けてしまいます。

 

目にはもともと紫外線のダメージを緩和する力があり、

浴びた紫外線の80%以上は角膜で吸収されます。

 

残った紫外線のほとんどが水晶体で吸収されて1~2%のみが目の奥の網膜まで到達します。

全てを吸収しきれるわけではないので、小さなうちから強い紫外線を浴び続けるとそのダメージが蓄積されていき目の老化を早めてしまいます。

 

特に屋外で作業をする仕事をしている人は紫外線を長時間浴びてしまうため、

他の人よりも早く目の老化が起こってしまいます。

 

その他にも屋外での運動をする習慣のある人や屋外での活動をする機会が多い人は紫外線の影響を受けやすいと言えます。

目の充血や痛みがでる場合も

紫外線の影響は軽度のうちには症状としてあらわれないので気付かないうちに紫外線の蓄積を増やしてしまいがちです。

一度浴びてしまった紫外線をなかったことには出来ないので、目の充血や痛みが出てしまうと症状を元に戻すことが難しくなります。

そのため紫外線から目を守るためには症状が出る前から予防していくことが大切です。

紫外線から目を守ることができるのはサングラスや帽子、日傘などです。

サングラスは紫外線をカットする効果があるものを選ばないと意味がありません。

色が黒っぽいものでも紫外線を透過させてしまうものもあるので注意が必要です。

どれくらい紫外線をカットしてくれるのかを確認してから選ぶようにしましょう。

目の健康のためには目を紫外線から守って生活していくことが大切です。

-目の病気
-, ,

Copyright© 目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.