眼精疲労・老眼・目の悩みを改善!サプリメント、グッズ、アイケア対策を実際に試してみました。

目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策

ルテイン

老眼にルテインの効果とは!医師が推奨するルテイン成分について

更新日:

老眼にルテインが効果化で期待される成分として要られています。

医師(眼科医)が推奨するルテインは、どのように老眼に作用するのか調べました。

ルテインとは?成分特徴と効能

"植物の色素の一つであり、視力低下や眼病予防効果という効能を期待することが出来るとして、眼科医も推奨しているのが、ルテインです。体内で作ることが出来ないという特徴があり、摂取すると目に蓄積されます。その結果、抗酸化作用と目から入る紫外線などの有害な光から眼球を守ることが出来ます。様々な食品に含まれていますが、その中でもほうれん草やケール、ブロッコリーなどに特に多く含まれています。また、果物の場合には、グレープフルーツや梨などに含まれています。1日の摂取目安量は6mg程度とされており、これはほうれん草20gほどの含有量となります。

老眼にルテインは効く理由は?

老眼の原因は老化現象が主なものですが、始まりを遅らせるためには、目の老化を予防するということが有効になります。目の老化を遅らせるためには、活性酸素の害から目を守るということが必要となります。ルテインには、抗酸化作用を期待することが出来ますので、活性酸素を除去してくれる効果を期待することが出来ます。最近では、紫外線の影響だけではなく、パソコンやスマートフォンなどから発せられるブルーライトの光を見続けることにより活性酸素が生じるともされています。誰でもなる可能性はありますが、適切な対策をすることで発症を遅らせることが出来る可能性があります。

ルテインを含む食べ物は?

ルテインは天然色素の一つであり、色の濃い緑黄色野菜に多く含まれています。具体的には、ほうれん草やケール、ブロッコリー、芽キャベツ、人参、モロヘイヤ、春菊、レタスなどがあります。この栄養素は、脂溶性の栄養素であり、水に溶けにくく油に溶けやすいという性質があります。その為、野菜を調理する際に茹でても栄養素の流出は最小限に抑えることが出来るでしょう。しかし、効率よく摂取したいという場合には、おひたしにするよりは、油炒めなどの油を使った方法で調理をしたほうが良いとされています。油を使わない調理では食べる際に多少なりとも油を摂取したほうが良いようです。

老眼サプリでルテインが豊富なのは?

普段の食事から十分な量のルテインを摂取するということは簡単なことではありません。そこで効率よく摂取したいという場合には、サプリメントを利用することをおすすめします。色々な製品がありますが、老眼サプリと人気・注目を集めているのが、さくらの森「めなり」ですが、その他にも小林製薬やDHCなどからも発売されています。サプリメントを選択するという場合には、含まれている成分の量や価格、購入のしやすさなどを考慮するようにしましょう。すぐに効果を得ることが出来るわけではありませんので、続けるということが大切になります。

ルテインと、アントシアニンも摂取がおすすめ

老眼を予防する効果を期待することが出来る成分として、ルテインが有名ですが、この栄養素は脂溶性で水に溶けにくいという特徴があります。そのため、摂取をしても、体内では吸収されにくいという特徴があるのです。せっかく摂取しても、吸収されなくては意味がありません。そこで、一緒に摂取することで吸収率を高めることが出来る成分として、アントシアニンがあります。どちらか一方をそれぞれに摂取するよりも両方を一緒に摂取したほうが高い効果を期待することが出来ます。その為、サプリメントを選ぶという場合には、どのような成分が含まれているのかを確認しましょう。

-ルテイン
-, ,

Copyright© 目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.