眼精疲労・老眼・目の悩みを改善!サプリメント、グッズ、アイケア対策を実際に試してみました。

目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策

市販薬

ロキソニンは「目の痛み」にも効果ある?副作用どうなのか

投稿日:

ロキソニンは「目の痛み」にも効果ある?副作用どうなのかちょっと心配ですね。

私も頭痛にときには使っているロキソニンですが、眼の痛みについて調べてみました。

市販薬ロキソニンSの効果効能

ロキソニンSは、日常的な発熱、痛み、炎症を抑えるために使われます。例えば、頭痛の症状が頻繁に起きる人は、それによって病院に行く必要はありませんが、この痛みを止めなければ生活に支障が出てしまいます。そこで、何らかの痛み止めを飲めばいいのですが、痛み止めは即効性がありますので、慢性的な痛みにはとても効果を発揮します。また、歯痛があると歯医者に行かなければいけませんが、病院に行くまでの痛みを和らげるためにも効果を発揮します。慢性的な痛みで特有なものに生理痛がありますがこれにも効きますので、痛みについて全般的に効果効能があります。

目の痛みへの効果はある?

ロキソニンは痛み全般に効果がありますので、当然目の痛みにも効きます。ただし、これは痛みを感じないようにしているだけで、根本的な問題解決には至っていないことを意識しなければいけません。目が痛いということは、眼精疲労や目に何らかの炎症があることが考えられますが、目の疲れから痛みが出ているのであれば、目を休ませなければいけません。痛み止めによって痛みが和らいだからといって、無理をしていては今後慢性的に眼精疲労に悩まされる可能性があります。ですから、痛みを和らげるとともにアイケアを怠らないことが重要です。

ロキソニンの副作用は大丈夫?

痛み止めに限らず、薬全般に言えることですが、薬を飲み続けると胃に負担がかかってしまいます。そのため、下痢や嘔吐を催すことがときたま見受けられます。このような副作用が出ないようにロキソニンは作成されています。ただし、これはあくまでも製造過程においての一般的な根拠によるものです。薬の体内への影響には個人差があります。毎日飲んでいても何も異変が起こらない人もいれば、一回飲んだだけで気分が悪くなったり吐き気を催したりする人もいます。もし服用して何らかの異変を感じたら直ちに使用をやめて、かかりつけの医者に相談してみてください。

目の奥の痛みはアントシアニンが効く

目の奥の痛みが発生しているときは、眼精疲労が考えられます。長時間パソコンを見ていたり、紫外線によって目に負担がかかりすぎたときに発症します。このとき、目の奥にある神経が緊張状態にあり、他の神経を圧迫することで痛みが発生してるのです。これを解消させるには痛み止めが効果を発揮しますが、根本的な目の疲れを治すものとして、サプリメントが有効です。アントシアニンが含まれているサプリメントが有効で、この成分が目に良い効果を発揮します。これは、目の修復作用があるばかりでなく、疲労物質も解消しますので、効果が高いと言えます。

サプリメントが副作用がなくおすすめ

痛み止めには痛みを和らげる即効性があります。そのため、非常に便利で、少し痛みが出だすと気軽に使用してしまいがちです。確かに副作用が少ないと報告されている市販薬もありますが、少なからず体には何らかの負担がかかってしまう可能性があります。そのような不安が全くないのがサプリメントです。これは、何ら化学物質は含まれていないので、あくまでも予防策としての効用を発揮します。即効性はありませんが、少々の痛みが出る程度ならば、体に悪影響を及ぼすことのないもので、自然治癒力によって痛みの元をとるよう試みることをおすすめします。

-市販薬
-, ,

Copyright© 目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.