眼精疲労・老眼・目の悩みを改善!サプリメント、グッズ、アイケア対策を実際に試してみました。

目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策

目のサプリメント

夜盲症とビタミン※ビタミンA欠乏症が夜盲症の原因?

投稿日:

夜盲症とビタミン。ビタミンA欠乏症が夜盲症の原因なの?

ビタミンA欠乏症が原因と言われる理由と、

改善対策や効果あるサプリメントについて

夜盲症の原因

夜盲症は、明るいところから急に暗い所に行った時に、多少の時間がたっても目が見えにくい症状をもつものです。これには先天性のものと後天性のものがあります。先天性のものは発症理由がよくわかっていません。後天性のものは、ビタミンA不足が原因でなることがわかっています。ビタミンAが不足すると、網膜にあるロドプシンという物質が十分に作り出されなくなり、その結果、目の見えにくさにつながります。そのほかにも、網膜色素変性症などの目の奥にある眼底(がんてい)という部位が病気になると、同じように見えにくいといった症状がでることがあります。

具体的な症状

普通は目が悪くなると、明るいところでも暗いところでも見えにくくなります。夜盲症では、同じ見えにくいと言っても、違いがあります。明るい場所では普通に見えて、暗い所では見えにくいのです。明るい所では普通に見えるので、症状があっても人によっては、病気だと気付かない場合があります。暗いから見えないだけだと感じてしまうのです。暗い所になるとつまずいたり、よく物にぶつかったりすることがある方は要注意です。子どもの場合は特に、自分でうまく伝えられない場合があるので、発見が遅れてしまうことがあります。暗くなると見にくそうにしていることがないかを、周りの大人が気づくことが大切です。

ビタミンAは過剰投与に注意!

夜盲症では、ビタミンAの欠乏によるものだと診断されると、不足しているものを補う治療法がとられます。しかし、過剰投与には注意が必要です。脂溶性ビタミンのため、摂取した量が多すぎても体外に排出されません。続けてとることで、どんどん蓄積されていってしまいます。具体的な過剰摂取の症状としては、主に後頭部の激しい痛み、手足の痛み、めまい、吐き気、嘔吐、下痢、食欲不振、けんたい感、肌荒れ、睡眠障害、脱毛などがあげられます。こういった症状があらわれた場合には、過剰摂取かもしれないので注意しなくてはいけません。

ビタミンAを含む食べ物

ビタミンAを含む食べ物には、βカロチンの多い、緑黄色野菜があります。色の濃い野菜です。人参やかぼちゃ、ほうれん草、トマト、ピーマンなどたくさんあります。もうひとつは、レチノールの多い食品です。これは、うなぎ・レバーに多く含まれています。鶏レバー、豚レバー、あんこうの肝、うなぎの蒲焼き、卵、バターなどの、動物性食品が中心です。こういった食品をとることで、十分な量を摂取することができます。足りなくなってくると、目の乾燥や涙が出にくいといった症状があらわれることがあります。しっかりとれているか確認しましょう。

目に効くサプリで栄養素を

ビタミンA(βカロチン)は、重要な栄養素ですが、食事で十分にとれないこともあります。そういった時には、目に効くサプリをとると効果的です。パソコンやスマホの長時間の使用で目を酷使している方や、眼精疲労の強い方にはおすすめします。サプリの中でも、目に良いとされているアントシアニンや、加齢黄斑変性症や白内障、ブドウ膜炎などの眼病予防や瞳の健康維持に役立つとされているルテインを同時に配合している、「めなり」は特におすすめです。これひとつで、目に良い成分が全て入っているので、目が疲れている方の悩みに答えてくれます。

-目のサプリメント
-, ,

Copyright© 目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.