眼精疲労・老眼・目の悩みを改善!サプリメント、グッズ、アイケア対策を実際に試してみました。

目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策

ビタミン

目の疲れにビタミン剤、目に効くビタミンは?

投稿日:

目の疲れにビタミン剤もよく使われていますね。

目に効くビタミン剤と成分について詳しく書いています。

目の疲れにビタミンの効果はあるの?

目が疲れた時には目薬をするのが一般的ですが、ビタミン剤を飲むことで症状を改善することもできます。ビタミンBは糖質や脂質の代謝促進をする作用があります。この作用は粘膜を新しく生まれ変わられるので、新陳代謝を良くすることができます。ビタミンAは抗酸化作用の強い栄養素なので、目を紫外線などから守る働きがあります。この栄養素が不足すると目のピント機能の調節がうまくいかなくなって、目の疲れを強めることがあります。これらの栄養素を配合した錠剤を飲むと、神経に作用して、目の周りの筋肉の緊張をほぐす効果が期待できます。

ビタミンA(βカロチン)の効果とは

βカロチンは黄色や赤色の野菜に含まれている栄養素です。かぼちゃや人参に含まれているので、食卓でよく見かけられる栄養素でもあります。食べると体の中でビタミンAに変化します。抗酸化作用によって、細胞の老化を予防して、若々しくたもつという効果があります。この栄養素はガンなどにも良い影響があると考えられていますが、肺がん患者はあまり摂りすぎないようが良いとされています。緑黄色野菜に多く含まれているので、野菜をしっかり食べていれば不足することはありませんが、不足してしまうと欠乏症として、夜に目が見えにくくなるなどの悪影響があります。

ビタミンB1,B2の効果とは

ビタミンB1とビタミンB2はどちらも食べ物をエネルギーにする時に役に立つ栄養素です。不足していると食物を食べても効率よくエネルギーにならないので、肉体疲労や眼精疲労を起こすことがあります。栄養素を摂取する時に、これらの成分があれば、腸内でしっかり吸収されるので、皮膚や粘膜の再生が促進されるために、疲れを感じにくくなります。これらのビタミンは様々な栄養剤などに配合されているので、薬局などで簡単に手に入れることができます。また豚肉や牛肉を積極的に食べることでも摂取が可能なので、主食を食べる時に肉を食べるのも効果的です。

眼科医も推奨するビタミンC、ビタミンEの組み合わせ

目の状態を良くする成分サプリメントで、ビタミンC,ビタミンEの摂取もよく言われるポイント。

ビタミンC

ビタミンCは粘膜を保護する役割があるので、オレンジやトマトなどの野菜や果物を食べると効果を期待できます。目の疲れは眼精疲労のように筋肉の緊張が原因になることが多いのですが、粘膜の再生を促進して、目の表面の保護作用を強くすることで痛みを緩和することができます。この栄養素はコラーゲンを作り出す働きがあるので、目の細胞をいつまでも若々しい状態に保つことができます。ストレスによって消費される栄養素なので、仕事をしながらタバコを吸う人は、ビタミン剤などを飲んで積極的に摂取しないと、不足をしてしまうことがあります。

ビタミンE

ビタミンEは抗酸化ビタミンとも呼ばれていて、細胞の老化を防ぐ働きがあります。また血液の流れをスムーズにする効果があるので、疲れ目で血行が悪くなった目の筋肉をほぐす働きがあります。とくに冬の寒い時期には乾燥して、ドライアイなどの症状が出やすくなるので、この栄養素を積極的に補給して、血流を良くする必要があります。野菜や果物に含まれていますが、脂質を一緒に摂取しないと吸収されません。とくにダイエット中に不足しやすいので、ビタミン剤を飲んで不足しないように心がける必要があります。不足をすると血行不良が起こり、冷え性などを起こすこともあります。

-ビタミン
-, ,

Copyright© 目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.