眼精疲労・老眼・目の悩みを改善!サプリメント、グッズ、アイケア対策を実際に試してみました。

目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策

目薬

目の老化を防ぐ目薬について

投稿日:

目の老化を防ぐ目薬とは、目の疲れを軽減してくれるもの。

老化となる原因を少なくしてくるので、

症状別に選ぶことがポイント。

加齢による目の症状とは

暗い場所で長時間本を読んだり、最近だとスマホやパソコンを使う時間が増えそれらの影響により視力が落ちることは子供から大人まで世代問わずあることですが、生活習慣を見直すことで防ぐことは可能です。

しかし加齢による目の老化は年を重ねれば誰でも起こり得るため仕方のないことなのかもしれません。

具体的な目の症状としては新聞や本の文字が見えにくい、近くから遠くまたは遠くから近くに視線を移すとピントが合うまでに時間がかかる、目が疲れやすい、頭痛や肩こりがするなどがあります。

それまで目に何の問題もなく過ごしていても、加齢により少しずつ進行し日常生活において不便を感じることもあります。

少しでも進行を抑えたり予防するために、目の老化を防ぐために目薬の使用もお勧めです。

自分の症状にあった目薬を選ぶ

目の老化を防ぐための目薬には色々と種類があり、選び方としては自分の目の症状にあった目薬を使用することがポイントです。

普段から涙が出にくく目がしぱしぱとする乾き目(ドライアイ)に悩んでいる場合は目に涙を保持できるようにする目薬が良いでしょう。

コンドロイチン硫酸エステルナトリウムは乾いた目に潤いを与えてくれる有効成分なので、目薬を購入する際はその成分が配合されているかしっかり確認するべきです。

また疲れ目の場合は合いにくいピント調整をする時に筋肉を使うため疲れてしまうことから、ピントを合わせやすくするネオスチグミンメチル硫酸塩が配合されているものがお勧めです。

症状にあった目薬を使うことで高い効果が得られることが期待できるのです。

老眼用の目薬を使用する上での注意

老眼を予防したり改善するための目薬は世の中に数多く出回っていますが、たくさん使えば効果が得られるというわけではありません。

それぞれ使用回数が決められており、これを超えて使うことは逆に目や体に負担になり思わぬ副作用が出てしまう恐れもあります。

1日の使用回数を守ることはもちろん、パッケージに書いてある使用上の注意や説明文を熟読し、正しく使うことを心掛けましょう。

さらに、使ってみて何か違和感を感じたり何かしらの異常が現れた際には速やかに使用をやめて医療機関に相談してください。

また効果はすぐに現れるものではないため、使い始めてしばらくしても何も変わらないと心配になるかもしれませんが、2〜3ヶ月などある程度の期間継続して様子を見ることも大切です。

ロートVアクティブの効果効能

目の老化を防ぐ目薬としてロートVアクティブがあります。老眼予防や改善のために作られた目薬のため、様々な症状に対応できる画期的な目薬なのです。

効果効能としては老化による乾き目や疲れ目、かすみ目などを予防・改善します。先述した乾き目に効くコンドロイチン硫酸エステルナトリウムや疲れ目に効くネオスチグミンメチル硫酸塩、かすみ目に効くパンテノール・タウリン・ビタミンB6が配合されたまさに老眼のための目薬なのです。

筆者も使用してみたところ、夕方になると目が見えにくくなっていた症状が改善され老眼鏡なしで新聞が読めるまでに回復しました。

効果をどの程度感じるかは人それぞれではありますが、目の老化の悩みには十分な効果を発揮してくれると思います。

目の老化で起こる病気とは

目の老化は自然現象であり仕方のないことではあるのですが、何もせずに放置しておくと様々な病気を引き起こし失明してしまう可能性があるものもあるため予防や改善はとても大切なことです。

加齢黄斑変性症はものが歪んだり欠けて見えたりする病気です。白内障は視力が下がったりかすんで見えたり二重に見えたりする病気です。

ものを見る時に小さな虫のような黒いものが見えるのは飛蚊症です。

老化によるものですが比較的若い人にも見られる症状です。緑内障は急性のものもありますが、ゆっくりと進行するものが多く気付かないうちに視力に影響が出ていることがあります。

目の老化は目そのものだけでなく瞼にも現れ、眼瞼下垂(がんけんかすい)というまぶたが垂れ下がり視界が狭まる症状もあります。

-目薬
-,

Copyright© 目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.