眼精疲労・老眼・目の悩みを改善!サプリメント、グッズ、アイケア対策を実際に試してみました。

目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策

目の病気

目の老化による飛蚊症(ひぶんしょう)で注意する大切なポイント

投稿日:

誰にもで目の老化による飛蚊症(ひぶんしょう)になる可能性はあります。

その原因と治療法、

効果のある栄養素・成分についてまとめました。

飛蚊症は老化現象が理由?

目の前を黒や灰色の点がちらちらするような症状を飛蚊症といい、

大半は加齢に伴う老化現象からくる生理的飛蚊症と呼ばれるもので、あまり心配することはありません。

もちろん飛蚊症に種類があるので、中にはその症状が病気によるものということもあります。

ただこの場合、飛蚊症の症状以外にも視力が急に落ちたり、

視野の一部が欠けているといった症状があらわれることが多いため、

こうした症状が重なって起こっている場合は、早めに眼科で診察を受けることが重要です。

また一度、加齢からくる生理的なものと診断されたからといって絶対に安心というわけではありませんので、

症状が急に酷くなったなど変化があれば、再度、眼科を受診した方がよいでしょう。

飛蚊症に似た目の病気に注意

飛蚊症に似た目の病気は放っておくと、

失明してしまうこともあるため、注意が必要です。

例えば、糖尿病や高血圧などが原因で、

目の内部で起きた出血が硝子体に入り込んでしまった状態を硝子体出血といいますが、

出血が大量に起きていると失明の危険がありますので、原因となる病気を特定しなければいけません。

また目のぶどう膜にウイルス感染などによる炎症が起きるぶどう膜炎も、

飛蚊症に似た症状が起こりますが、ベーチェット病やサルコイドーシス、

原田病といった免疫疾患が隠れている可能性も高いため、注意が必要です。

このように飛蚊症に似た目の病気は多々ありますので、

自己判断で加齢によるものだと判断してしまうことがないように気を付けましょう。

まずは眼科で検診を

飛蚊症の症状があらわれた時は、

まず病院・クリックの受診をすることが一番です。

なぜなら、飛蚊症の症状は加齢によるものだけではなく、

目だけではなく体全体の健康を損なう病が隠れている恐れがあるからです。

病気を見過ごしてしまわないためにも眼科でしっかりと検診を受けて、

放っておいて大丈夫なものなのか、

治療が必要なものかを判断してもらいましょう。

老化現象であれば、

基本的に診察を受けるのはその時の一度きりで十分とされています。

ただし、症状が変化したというような場合は、

再度の診察が必要となります。

また目の健康のためには、ある程度の年齢に達したら、

定期的に検診をうけて目の病気を予防、早期発見できるようにしておきましょう。

飛蚊症の治療方法

飛蚊症は老化現象の一つでもあるため、

誰にでも起こりえる症状です。

そのため、多くの場合、特別に治療をしなくても自然に症状が軽減したり、落ち着いていくのですが、

生活習慣を見直したり、目に良いとされる成分が多く含まれた食事を摂取するように心掛けることで、

より効果的に症状を改善していくことができます。

一方、症状が他の病気からきているようなものであれば治療が必要となります。

この場合、原因となる病気の種類によってその方法は変わってきますが、

例えば、硝子体から出血が大量に起きているのであれば、その出血を止めるためのレーザー処置が、

ぶどう膜に炎症が起きているのであれば炎症を抑える目薬や内服薬の処方が行われます。

効果ある成分

老化現象からくる飛蚊症は特別な治療は必要ありませんが、

症状の改善を目指すのであれば、飛蚊症に効果のある成分を摂取することがおすすめです。

その代表的な成分として挙げられるのがゼアキサンチンとルテインです。

この二つの成分は視覚機能を司る水晶体から真後ろの黄斑部などに多く存在している成分ですが、

 

加齢やストレスなど生活習慣によって減少してしまい、

目の異常や病気を引き起こす要因となります。

 

そうならないためにも、

日常生活の中でこの二つの成分を豊富に含んだ緑黄色野菜を意識的に摂取することが重要なのです。

ただ食事から摂取する場合、必要量を十分に摂取することが難しいといえますので、

不足してしまった分はサプリで補うようにするとよいでしょう。

-目の病気
-,

Copyright© 目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.