眼精疲労・老眼・目の悩みを改善!サプリメント、グッズ、アイケア対策を実際に試してみました。

目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策

眼精疲労

目の凝り解消。コリの原因と改善対策

投稿日:

デスクワークなどで目を酷使するお仕事のかたに目の凝りでお悩み方が多くなっています。

この目のコリを解消するには。こりの原因と改善対策について

目の凝りの原因

目が疲れて出てきそうとか、しょぼしょぼするといったとき、目が凝っている状態です。

 

目の凝りの原因は、目のピンと調節機能が低下している、近視や乱視、遠視などの屈折異常、または不同視という奨励、パソコンなどの使用で目を酷使する人に多いドライアイ、結膜炎などの目の病気や、高血圧や糖尿病など全体の病気などがあります。

 

目は近くを見るときにはレンズを熱くしてピントを合わせようと周囲の筋肉を緊張させます。この状態が長く続くと凝りが商事、ピント調節力が低下してしまうためにかすみなどの症状がでます。

 

ピントを合わせるために目の筋肉に負担がかかっていますから、自分の視力にあったメガネなどを使うことで目の負担を軽くする必要があります。

症状として頭痛・吐き気・目の痛みなど

目を酷使したりして目を疲れさせてしまうと、視界がかすむ、目の際が引きつる、頭痛や吐き気がする、目の奥の痛みを感じるなどの不快な症状が現れます。

目のコリの症状は肩凝りの症状とも似ていますので、整体や鍼灸などで体をどうにかしようとする方も多いのですが、パソコンやスマートフォンなどを多く使用している場合には目の疲れを癒すこも大切です。

 

勿論目が疲れている時には同時に首や肩も凝っている場合が多いので、そのケアも同時に行うようにしましょう。姿勢をよくし、ゆっくりと深呼吸をします。

痛みや引きつりを感じる部分を温めることはすぐに効果があります。筋肉の緊張をほぐして血行をよくすることで不快な症状は段々改善されていきます。

 

目の凝り解消

 

解消対策 その1サプリメント

目の凝りを解消するためにはサプリの利用も良いでしょう。目の疲れの対策に販売されている商品はたくさんあります。目に良いといわれる栄養素としては、ビタミンB6やB12、ルテイン、タウリン、DHA・EPAなどです。

 

サプリに含まれていて効果があると言われている成分は、アントシアニン、ゼアキサンチン、アスタキサンチン、クロセチン、βカロチンなどたくさんあります。成分をしっかりと見て、自分に合う商品を選ぶようにしましょう。

 

なお、あくまでも補助食品ですから、食事で口に入れる栄養素のこともしっかりと考える必要があります。容量用法は必ず守りましょう。飲みすぎは良くありませんし、沢山飲めば沢山効果があるわけではありません。

解消対策 その2ツボ・マッサージ

目の凝りを解消するマッサージやツボ押しもあります。目が疲れると同時に肩や首も疲れています。

同じように凝りを改善する対策を取ることで、目の疲れもよくなるでしょう。

首を前後左右に曲げ、こりこりになった筋肉を和らげます。ゆっくりと3回ほどのばしたら、首をぐるりと回しましょう。

肩まわしも有効です。

腕の付け根に両手をのせて肘で大きく円を描くように回します。

そして目のストレッチです。瞼にぎゅっと力を入れて、ぱっと抜きましょう。涙腺が刺激されて目に潤いも与えます。

また、目頭のくぼみには「せいめい」、こめかみには「太陽」、目の横には「どうしりょう」と呼ばれるツボがあり、目の疲れに効くといわれています。

目を閉じてこれらを5,6回押しましょう。

目・肩のコリは医薬品でも解消

目・肩のコリには医薬品を使うことで改善することも出来ます。

アリナミンにはエネルギー生産に重要な働きをするビタミンB1誘導体であるフルスルチアミン、神経の機能維持に関係する活性型ビタミンB6であるピリドキサールリン酸エステル水和物、末梢神経の修復に関係する活性型ビタミンB12のメコバラミンを配合しています。

これらの働きによって目の疲れや肩・首筋の凝り、腰の痛みなどの症状に効果をあらわします。

医薬品はあくまでもその場しのぎであると理解して使うようにしましょう。

根本的な凝りを治すことは大切ですが、今とにかく辛い、という時に服用することでかなり楽になれます。

しかし、時間がある時にはストレッチやマッサージなどをして凝りを改善するようにしましょう。

-眼精疲労
-, ,

Copyright© 目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.