眼精疲労・老眼・目の悩みを改善!サプリメント、グッズ、アイケア対策を実際に試してみました。

目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策

目薬

眼精疲労の目薬。市販で購入できるオススメは?

更新日:

眼精疲労の目薬も症状によって効果が違ってきます。

疲れ目に効く市販のるオススメの目薬についてまとめました。

種類を大きく4つに分けると

・目のピントが合わない

・とにかく疲れ目

・目の乾燥がひどい

・目の充血が気になる

いずれも眼精疲労の症状ですが、実は症状を直すために必要な目薬はそれぞれ症状によって違ってきます。

 

例えば疲れ目の場合、「目の栄養補給」が必要となってきます。

あるいは充血の場合、炎症を抑える効果のあるものが効果的です。

「高ければ何となく良さそう」「とりあえず安いものを」あるいは「一番売れているのを選べばいい」と考えず、

症状に応じたものを選ぶ必要があります。

中には全ての効能に効くとするものも存在しますが、可能な限り症状に特化した目薬を選ぶ必要があるでしょう。

 

目の乾燥ならこの目薬

目の乾燥が気になる場合、おすすめはロート製薬の新ロート ドライエイドEX(第三類医薬品)です。

人工涙液によって目に潤いを与えることで渇きの解消に加え、ハードコンタクトレンズを装着している際の不快感をなくすことにも役立ちます。

コンタクトレンズを使用している場合、涙が蒸発しやすく、ドライアイになりやすい傾向があります。

目の渇きに効果のある目薬を活用し、症状の防止もしくは緩和をしてくのがよいでしょう。

注意点として、ソフトコンタクトレンズを装着時には使用せず、一旦外す必要があります。

逆にハードコンタクトレンズ使用時は利用が可能です。

目の充血ならこの目薬

目の充血は炎症やかゆみを抑えるタイプを使う必要があり、参天製薬・サンテポーティエ(第二類医薬品)がおすすめです。

目薬に炎症を抑える成分が含まれており、疲れ目やピント調節機能よりも充血が気になるという方はこちらを使用するとよいでしょう。

また化粧品をおもわせるパッケージは非常におしゃれなデザインで、メイク道具と一緒に持ち歩いても違和感のないデザインが魅力です。

 

とりわけ女性の場合、外出先で目薬をさす機会がある場合、非常に重宝することになるでしょう。

なお、目の充血がコンタクトレンズの装着によって起こることもあります。

装着によってドライアイになったり、誤った装着(期限切れのものを使用する等)によって引き起こされている場合、

正しい使い方(レンズの交換、目薬の点滴)によって症状が治ることもあります。

目のピントが合わないならこの目薬

何となくぼやける等の症状があった場合、参天製薬・ソフトサンティアひとみストレッチ(第三類医薬品)がおすすめです。

ピント調整機能が上手く行かない場合、眼精疲労の中でも筋肉の疲労や、それによる衰えが原因です。

この場合、「目の栄養補給」を行うことが重要となってきます。ピントの場合、目の渇きや充血といった症状がない場合も多いです。

こういった場合はドライアイと異なり、涙の量が確保されているためにコンタクトレンズによって目の表面が傷つきにくいといえます。

したがってソフトコンタクトレンズを装着した場合で目薬を使用しても基本的には特に問題ありません。

とにかく疲れ目ならこの目薬

特に目立った症状はないものの、何となく目が疲れている。

あるいは目が重たいような気がするという感じの場合は「オールラウンドな」目薬を選ぶ必要があります。

該当するものとしては、参天製薬・サンテメディカル(第二類医薬品)がおすすめです。

疲れ目はピント調整機能と同様、目の栄養補給が重要です。

また、特に症状がないものの、何となく目が疲れているという場合、

パソコンやスマートフォンの長時間操作によるストレスのようなケースもあるため、

目薬を使用するよりも一時的にそのようなものから離れるのが有効なケースも存在します。

意識して「画面を見ない」のを行うのも症状を改善する方法の一つといえるでしょう。

-目薬
-, ,

Copyright© 目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.