眼精疲労・老眼・目の悩みを改善!サプリメント、グッズ、アイケア対策を実際に試してみました。

目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策

目のサプリメント

加齢性黄斑変性症 サプリメント※効果あるルテイン多い人気サプリはコレだった!

投稿日:

加齢性黄斑変性症にサプリメントが有効とされ、特にルテインを含みものが推奨されています。

改善効果が期待できる成分や、人気サプリメントについて

加齢性黄斑変性症の原因

加齢黄斑変性症は、物を視る上で重要な役割を果たしている黄斑と呼ばれる組織が変性することで発症する眼病のひとつです。症状としては物が歪んで見える、視野の中心が欠けて見えると言ったことが挙げられ、これらが進行すると失明することもあるため、緑内障と共に気を付けたい眼病として挙げられます。この原因ですが、これは黄斑が変性することであり、長年、その部分に与えられてきたダメージが関係しています。加齢によりこれが出やすいのも、ダメージが蓄積されてきた結果と考えることができます。ダメージとしてはたとえば紫外線やパソコン、スマホなどから発せられるブルーライトなどです。また網膜のすぐ下にできて血管がダメージになる場合もあります。

効果が期待できる有効な成分

加齢性黄斑変性症に有効な成分として、ゼアキサンチンとルテインが挙げられます。その理由は、このふたつの成分は黄斑部分に存在しており、そこに対するダメージから黄斑の組織を守っているためです。こうした成分は加齢と共に減少していくため、それを補うことで黄斑の組織に良い作用をもたらすことが期待できます。更にこのふたつの成分は、非常に高い抗酸化力を有しています。抗酸化力とは、紫外線を浴びることなどで発生する活性酸素に対抗する力のことです。活性酸素も黄斑の組織を変性させる大きな原因なので、このふたつの成分を摂取するのは効果的だと言えます。

ルテイン・ゼアキサンチンを含むサプリ「めなり」

ルテイン、ゼアキサンチンを含んだ、目の健康維持に対して効果が期待できるサプリメントは数多く販売されています。そのひとつがさくらの森「めなり」です。このサプリメントには、このふたつの成分がそれぞれ、推奨摂取量配合されています。いくらサプリメントを利用していても、そこに配合されている成分量が不足していては、あまり高い効果を望むことは難しいです。そのため、このサプリを利用することは黄斑に対してのダメージを予防することに対して、とても高い効果が期待できると考えられます。またこのふたつの成分以外にも、目の健康に良いとされている成分が配合されているので、とても良いサプリメントだと考えられます。

バランスの良い食生活を

目の健康維持を心がけるのであれば、食生活に気を使うのも効果的なことです。たとえば日常の食事でも緑黄色野菜を取ることです。緑黄色野菜の色は天然色素から構成されていますが、この天然色素は非常に高い抗酸化力を有しています。先に記したルテインもその一種です。そのため黄斑に対しての活性酸素のダメージを予防、緩和することに対しての効果が期待できます。また緑黄色野菜に含まれているビタミン類も、目に対しての良い作用が期待できます。ただ緑黄色野菜に含まれるルテインは、それほど量は多くありません。最も多く含まれているパセリでも、1日の推奨摂取量を摂取しようとなると約12本、食べる必要があります。ですから不足分を補う意味でも、サプリでの摂取も望ましいです。

加齢性黄斑変性症サプリの「めなり」

ゼアキサンチン、ルテイン、その両方の1日の推奨摂取量を満たしている「めなり」は、様々な方が愛用しています。先にも述べたとおり、このふたつ以外にも抗酸化力が高いアスタキサンチンやβカロテン、ビタミン群、ミネラルなども含まれているので、加齢と共に目の健康が気になる人、パソコンなどの使い過ぎで目の疲労感が気になる人などにもおすすめです。またこのサプリメントは、加齢性黄斑変性症の方も愛用しています。勿論、サプリメントなので薬のような効果を期待するのは難しいですが、その分、穏やかに目の健康に働きかけることができると言うのは魅力的なことです。ボシュロム・ジャパン、参天製薬でもサプリメントを発売していますが、めなりのお試しを使ってみてください。また、ボシュロム・参天製薬のサプリメントの効果の体感を比較してみてもいいでしょう。

-目のサプリメント
-, ,

Copyright© 目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.