眼精疲労・老眼・目の悩みを改善!サプリメント、グッズ、アイケア対策を実際に試してみました。

目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策

老眼

目の老化で「まぶしい」と感じるようになったら

投稿日:

目の老化で「まぶしい」と感じるようになったら。

原因と対象について

目がまぶしいのは老化が原因のひとつ

目は毎日使い続ける部位なので老化による症状があらわれると生活の中で不便を感じることが多く出てきてしまいます。

目の加齢による症状として真っ先に思い浮かぶのは近くのものが見えづらいといった症状です。

それ以外にもたくさんの人が感じる症状として以前よりもまぶしいと感じるようになったというものもあげられます。

これは目の老化現象に関係していて、普段光が目に入ると光を感じる量を適正に調整する機能が働き、
適度にまぶしくないように調整されてから脳に光の信号が伝えられます

しかし目の老化により光の明るさを調整する機能の働きが悪くなり、
明るさの調整に時間がかかるようになると、いつもよりもまぶしいと強く感じるようになります。

ルテイン・ゼアキサンチンが加齢により減少

目の中に水晶体という部位があります。水晶体はものを見る時にピントを合わせて光の屈折を調整する働きをしています。

老化により水晶体の機能が衰えてきくるとピントが合わせづらくなり物が見えにくくなるという症状が起こります。

 

それ以外にも光の屈折機能が正常に行われないことで目に入った光があちこちに屈折してしまい強くまぶしさを感じるようになります。

 

この機能は水晶体に存在するゼアキサンチンとルテインというカロテノイドの栄養が減少すると正常に働かなくなることがわかっています。

ゼアキサンチンとルテインは40代から減少していくので、

年齢を重ねていくと徐々に減少することで老化現象としてまぶしさを感じるようになるというわけです。

解決策としてのサプリメント

まぶしさを強く感じるような症状が出てきた時にはサプリメントを活用するという方法でルテイン・ゼアキサンチンを摂取して不足している栄養素を補うことができます。

目のサプリメントとして人気の高いさくらの森「めなり」にはルテイン・ゼアキサンチンがバランス良く配合されています。

この栄養素は天然のサングラスとも言われており、目にとって良くない刺激となるブルーライトや紫外線から目を守る効果があります。

サプリメントであれば毎日しっかりと十分な量が摂取できるので、食事に時間をかけられない忙しい人でも目を守るための栄養を摂取できます。

さくらの森「めなり」に含まれているルテインは100%天然の物を使用していているので吸収率も良いと思います。

目の老化現象とは?光のまぶしさ以外

光のまぶしさについては説明しましたが、眩しさ以外の症状について。

目の老化現象はドライアイとなってあらわれることもあります。

加齢によって涙の量が少なくなるだけでなく涙を出す鼻涙管という管が狭くなってしまい涙が出にくくなります。

それ以外にも涙の蒸発を防ぐ油の層が薄くなりドライアイになりやすくなります。

また目のピント調整を行っている毛様体筋と水晶体という部位に老化現象が起こることで毛様体筋が硬化して動きが鈍くなります。

毛様体筋の動きが悪いと水晶体の厚みを調整するのに時間がかかり、ピント調整がスムーズに行われなくなり物が見えづらいといったかすみ目の症状があらわれます。

老眼になるということは、目の機能が老化現象を起こして正常に働かなくなることで、今までと同じようには目を使うことができなくなるということです。

加齢黄班変性や飛蚊症も老化が原因のひとつ

加齢黄班変性とは黄斑部に網膜から不完全でもろい血管が伸びてくることで起こります。

この血管が腫れや出血を起こすと視力の低下につながります。黄斑は網膜の中でも視力の中心的存在となる重要な部位です。

この部位に異常が起こることで物が歪んで見えたり、視力が低下することで日常生活に支障をきたすようになる病気です。

飛蚊症とは目の前に黒いごみのようなものが見えたり蚊が飛んでいるように見えてしまうという病気です。

これは硝子体というレンズの役割をしている部位の中に濁りができることで目の前に実際にはない黒いものが見えてしまうという症状を起こします。

加齢黄班変性や飛蚊症が起こる原因の一つには老化があげられます。

目の老化によってこのような病気を引き起こしてしまうことがあります。

-老眼
-, ,

Copyright© 目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.