眼精疲労・老眼・目の悩みを改善!サプリメント、グッズ、アイケア対策を実際に試してみました。

目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策

食べ物

子供の目にいい食べ物や飲み物※子供に必要な成分と食事

投稿日:

子供の目にいい食べ物や飲み物について 子供の目にいい食べ物や飲み物について

子供の目にいい成分とは

スマートフォンやゲームなど、目を疲れさせる要因が増えています。

目の疲れは視力の低下につながってしまいます。子供の目にいい成分はいくつかあります。

ブルーベリーに多く入っているアントシアニンは、目にいい成分として知られていますが、水晶体などを作り目の周辺の筋肉を助けます。

マグネシウムや亜鉛といったミネラルも、目の細胞を作るのに欠かすことができません。

 

また、ビタミンも必要です。

ビタミンBは、目の疲れを取る効果や、目の働きを助けます。

ビタミンCは抗酸化作用が強く、目の老化を予防することができます。

 

子供の場合は目だけでなく、身体を作っている段階なので、

野菜や肉など栄養のバランスを考えて食べることが大切です。

大人と子供の目に必要な成分は同じ?違うの?

大人も子供も、目にいい成分は同じだと思うかもしれません。

けれども、40歳ごろからルテインは減少するなど、体質も必要な成分も違うということを知っておきましょう

ルテインは、水晶体に多く存在していて、

パソコンやスマートフォンから発せられている有害なブルーライトから目を守る働きをしています。

ルイテインは身体の中にある成分なのですが、作り出すことはできません。

そのため、食事から補わなければいけないのですが、特に40歳ころから減少するということです。

子供の場合、体内にまだルテインのストックが残っている状態です。

大人ほど意識しなくてもいいということですが、必要な成分が変わってくるということがよく分かる例です。

かぼちゃ・ニンジン・ブロッコリーがいい

β-カロテンはビタミンAになる前の段階の成分のことですが、とても強い抗酸化作用があります。

目の網膜に含まれる神経の伝達物質を作ったり、目の乾燥や疲れを防ぐ効果もあります。

網膜の機能を維持するのにも欠かすことができない成分です。

βカロチンを含む食べ物は、かぼちゃ、ニンジン、ブロッコリーなどの野菜です。

色の濃い野菜に多く含まれているので、意識して食べるようにしましょう。

βカロチンは油に溶けやすいという性質があります。調理する際は、茹でるよりも、油で炒めた方が吸収率が高くなります。

ホウレンソウにも含まれていますが、味噌汁にする際には、油揚と一緒にするだけで、

吸収率が大幅に高くなるので、油と一緒にすることが大切です。

なす・いちご・りんごの皮もおすすめ

目にいい成分として知られるアントシアニンですが、多くの人がブルーベリーを連想するでしょう。

確かに、ブルーベリーには多くのアントシアニンが入っているのですが、毎日食べ続けるのは難しいです。

そこで、他にもアントシアニンを含む食べ物を知っておきましょう。

いちごなどのベリー系の果物には多く入っていますが、なすの皮の紫色や、りんごの皮の赤い色はアントシアニンが含まれている証拠です。

アントシアニンは、水に溶けやすい成分なので、茹でてしまうと成分がどんどん溶けだしてしまいます。

水で洗う際にも、さっと洗うようにして、成分ができるだけ外に流れ出ないようにするといいでしょう。

これを知っているだけで、体内に入る成分の量が増えます。

スナック菓子、甘いお菓子は控えよう

一見、お菓子と目には関係がなさそうに見えます。

けれども、甘いお菓子を食べると体に必要なミネラルやビタミンを減らしてしまいます。

 

また、スナックも同じ効果があり、せっかく食べた成分が、目にいかなくなってしまいます。

ですから、お菓子の食べ過ぎは目の良くないので控えるようにしましょう。

 

もちろん、完全に食べるなという訳ではなく、量に気を付けるという意味です。

お菓子の食べ過ぎは、カロリーや糖分の摂取量が上がってしまうので、

目だけでなく、体の健康にも悪い影響を与えてしまいます。

 

子供の場合、お菓子でおなかがいっぱいになってしまうと、

食事をきちんととることができず、必要な栄養素が取れなくなってしまうので注意が必要です。

-食べ物
-, ,

Copyright© 目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.