眼精疲労・老眼・目の悩みを改善!サプリメント、グッズ、アイケア対策を実際に試してみました。

目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策

目の病気

瞼裂斑サプリと治療※けんれつはんを治したい!ケア対策や原因について

更新日:

瞼裂斑を治したい

眼科では治療対象とならない ことが多い瞼裂斑(けんれつはん)。

どのようなケア対策がいいのか?

眼科での治療やサプリ、紫外線、目薬、ケア対策について詳しく書いています。

サプリで目の機能を高める

瞳の紫外線対策としては、サングラスをかけることなどが効果的ですが。

更に内側からの働きかけとしてサプリを利用するのもおすすめです。

サプリで目の機能を高める

眼に必要な栄養素をとることで眼の状態がよくなる効果が期待できます。

 

さくらの森「めなり」は良い効果を期待することができるサプリです。

その理由は、

アントシアニン、ゼアキサンチン、ルテインと言った,
目にいい成分が豊富に配合されているためです。

これらの成分は、ひとつは活性酸素に対抗するための力

抗酸化力に優れていると言う特徴があります。

 

そのため紫外線を浴び過ぎても、活性酸素の発生を抑制し、

そのダメージから瞳を守ってくれることが期待できます。

 

更に目の血流促進や、物を視ることに欠かせない物質の再合成などの作用もあるので、

トータル的に目の健康に対するケアを行うことができます。

瞼裂斑サプリ 詳しくはコチラ>>

 

眼科では治療対象ではない理由

瞼裂斑は、「良性のできもの」と言う認識で扱われています。

そのため、眼科では治療対象ではないので「治したい」と思っても、

どのように治していいか分からない。。。。

 

ただし以下のような事態が発生している場合には、

外科的手術でできものを除去する治療が選択されることもあります。

まずは角膜上にまでできものが増殖してしまっており、そのために視力に支障が出てきている場合です。

 

またコンタクトレンズを利用している人で、このできものがあるために、

その装着に不快感、違和感がある場合も治療が必要と判断されることが多いです。

更に炎症が酷く、特に点眼薬などを利用したにもかかわらず,

その程度が改善されない場合は、除去の必要性が高いと考えられます。

手術・治療について

瞼裂斑の治療は、いくつかの方法に分かれています。

まずは、何もせずに様子をみるという方法です。

瞼裂斑は命にかかわる病気ではないので、しばらく様子をみるという方法が挙げられます。

 

次に、薬物治療があります。

これは、ステロイド剤などの目薬を使用するものです。

抗アレルギー剤や非ステロイド系抗炎症剤なども使われます。

 

眼科の医師による手術も治療方法のひとつです。

しかし、瞼裂斑の手術は、

術後に充血などの症状が残ってしまうことがあるのでリスクを考えて選択しなければいけません。

 

瞼裂斑の部分を除去し、

その部位に新しく綺麗な結膜をもってくる自己結膜移植を行います。

 

瞼裂斑を除去するだけの方法もありますが、

自己移植を行ったほうが綺麗に仕上がります。

 

予防で注意したいポイント(紫外線など)

瞼裂斑の発症を予防するためには、瞳の組織に対してのダメージ、ストレスを防ぐことが効果的です。

瞳は、意識式に瞼を閉じていない限りは常に外的ダメージにさらされている部分です。

その中でも特に大きいのが紫外線です。

 

紫外線を浴びると瞳には活性酸素と呼ばれる、非常に酸化力が強い物質が大量に発生します。

そして活性酸素により細胞や血管なとが酸化、つまり錆びついてしまうと、

瞳の組織としては劣化してしまいますし、更にその正常な機能を期待するのも難しくなってしまいます。

そのため瞳のコンディションを考えるのであれば、紫外線対策は必須だと言えます。

瞼裂斑の紫外線対策

瞼裂斑の予防対策としてあげられるのが、紫外線から目を守ることです。

 

具体的には、サングラスなどを使って目に入る紫外線をカットすることが効果的です。

UVカット効果のあるコンタクトレンズも同じ効果があります。

ほとんど外に出ない職業の人でも瞼裂斑があることがわかっているので、

紫外線対策は徹底的に行うほうが良いでしょう。

他にも、外に出る時には帽子をかぶったり、日傘をさすことも紫外線をカットする効果があります。

目を酷使するテレビゲームやスマホの見過ぎにも気をつけなくてはいけません。

目の機能を高めるために、目に良いとされているサプリを使うことも効果があるでしょう。

症状があらわれる前に、そのような予防策をしていることで、発症を避けることができます。

 

市販薬でなく目薬は眼科で処方されたものを

サプリメントと言うのは、体に対しての効果は期待できますが、分類上は健康食品です。

そのため薬のような確実な効果、即効性などを期待するのは難しいです。

しかし目薬は、瞳に直接、落とすと言う性質上、その作用はそれなりにあると言うことができます。

瞼裂斑の症状が気になった場合、とくに痒みや炎症が気になる場合には、

自分でこれを購入して点眼するのが良いと思うかもしれません。

ですが瞳にどんな影響が発生するかわからない以上、これはあまり賢明ではないと考えられます。

ここはやはり眼科の診療を受け、そしてその上で処方されたものを利用するのが第一です。

 

瞼裂斑の症状と原因

瞼裂斑は瞳の白目の上に黄色い斑点や隆起ができる症状です。

特に鼻側の白目部分にできることが多い傾向にあるとされています。

 

その見た目が気になると言うことも考えられますが、

隆起が大きくなるとまばたきの度に違和感を覚えることも多くなってきます。

また炎症が発生すると瞳が充血しやすくなる、痒みを感じやすくなることもあります。

 

これが発生する原因としては、

正常な組織にタンパク質や脂肪などが沈着して、それが変化したことが第一と考えられています。

 

また長年のダメージが蓄積された結果、

そのストレスなどに耐えるために目の組織が分厚くなってしまうと言うのも要因のひとつです。

症状として 充血

瞼裂斑は、体に害を及ぼすものではありませんが、

自然治癒をするのを待っていても、治らないことが多いと言われています。

瞼裂斑は、たんぱく質が細胞の老化で変化してしまったことで、シミができているような状態です。

そのまま放置していると炎症を起こしてしまうことがあります。

もともと、瞼裂斑の中に血管が入り込むので充血しやすい状態になっています。

そこに、炎症が加わると充血がより一層ひどくなってしまいます。

瞼裂斑は治療をせずに放置して様子をみることが多い病気ですが、

経過とともに瞼裂斑の部分が分厚くなってきて、眼の中のごろごろとした違和感が強くなってきてしまいます。

自然治癒することが少ないので、瞼裂斑の予防が重要です。

 

原因その1 ドライアイ

瞼裂斑(けんれつはん)の原因となる、もうひとつのものがドライアイです。

これは、目の表面の涙の量が少なくなったり、涙の質が変わることで、目が乾きやすくなるものです。

乾き目とも呼ばれます。

目の水分が少なくなることで、目には普段以上に負担がかかってしまうから、

瞼裂斑(けんれつはん)を発症しやすくなるのでしょう。

特に1日中パソコンを見ているようなライフスタイルの人は注意が必要です。

パソコンを見続ける時間を短くしたり、休憩をはさむようにすることで、多少改善されるでしょうが、仕事でパソコンを使っている人は、長時間パソコンを見続ける必要があることも多いでしょう。

そういった生活習慣がある人は、普段から目に良いサプリを使うなど、目の乾燥対策をすることが大切です。

原因その2 コンタクト

瞼裂斑(けんれつはん)の原因には、コンタクトも挙げられます。

長時間目に装着することによって、目には強い刺激が加わり続けてしまいます。

そういった刺激が長くなればなるほど、瞼裂斑(けんれつはん)を発症しやすくなってしまいます。

一度、発症すると充血がなくなって、もう大丈夫だと思っても、

もう一度装着すると、すぐに症状がでてしまうということがよくあります。

こうなると本格的に目を休めないといけなくなります。

コンタクトを使用している人も、目に負担をかけ続けているので、

普段から目の健康を保つような対策をしておく必要があります。

症状が起こってからでは、それを治すことが難しいため、予防的な対策をする必要があります。

-目の病気
-, ,

Copyright© 目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.