眼精疲労・老眼・目の悩みを改善!サプリメント、グッズ、アイケア対策を実際に試してみました。

目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策

目のサプリメント

目の老化 サプリメントおすすめは!効果的な成分とは

更新日:

目の老化を改善するサプリメントと成分について詳しく書いています。

私の場合も、40代になると老眼が始まり手元の近くのピントが合わなくなり、

目がぼやける、かすみ目、光がまぶしいなどの状態がでました。

調べてみてわかったのですが、

目に内部にある重要な成分、ルテイン・ゼアキサンチンは

40代から大幅に減少します。

目の新陳代謝も低下するので、

40代からこのような視力の低下、疲れ目(目の老化減少)を感じるかたが多いのです。

眼の周辺の血流も悪くなるので、疲れ目、目の下のクマまど疲労からの回復力の低下していたんです。

最近はパソコン、スマホの長時間の使用で、20代でも「スマホ老眼」と言われる症状がでているほど。

でも、目に必要な栄養素をサプリメントで取り入れることにより、

目の老化を防ぐことは可能。

私の個人的な経験ですが、眼精疲労・目のピント調整・かすみ目などは解消できました。

それでは、成分と私が効果を感じたサプリメントについて紹介します。

目に必要な、効果的な栄養素(成分)とは


ルテイン・アントシアニン・ゼアキサンチン・アスタキサンチン・クロセチン・βカロチン・

ビタミンB・ビタミンC、ビタミンE・亜鉛など。

またこれらの効果を高めるために、吸収力を高める成分も一緒に摂取するといいでしょう。

ちなみに目にいい食事、食べ物はありますが、目の老化をカバーする必要摂取量をとることは無理です。

自分の体験から、日常の食事で積極的に食べることは重要ですが、継続できないのでサプリメントで補うのが一番確実でした。

目の老化サプリメントのおすすめ!


目のサプリメントは非常に多くあり、消費者としては選ぶのが困難なほど。

ここでは、認知度が高く、私が試したことのあるサプリメント会社の製品などを中心に紹介します。

・めなり「さくらの森」

目の老化サプリならコレ!

ルテインのサプリとして2015年の発売以来、人気のサプリメント。

老眼の症状に悩むことが多い人の間で人気を博しているのが、めなりです。

天然のサングラスと呼ばれているゼアキサンチンやルテイン、
目に良いサプリメントの成分として昔から有名なビルベリーやクロセチンなどが配合されており、
紫外線などのダメージから目を保護してくれます。

特許取得型ビルベリーを同時に摂取することで、吸収率がアップします。

クチナシの花に少しだけ含まれているクロセチンは、天然のカロテノイドです。

クロセチンは、体に吸収されやすく、強い抗酸化力があります。

体内に入ると、老化や病気の原因となる活性酸素を除去し、微量でも抗酸化力を発揮できます。

老眼の症状なら「めなり」がおすすめ

ゼアキサンチン・アントシアニン・アスタキサンチン・クロセチンの他、ビタミンA,ビタミンB,ビタミンC,ビタミンE,亜鉛も含有。

・めなりの実力。愛用者の声は?

めなり愛用者の喜びの声は、口コミサイトで知ることができます。

その内容とは、疲れ目の症状が緩和されたというものが多いです。

特許を取得したビルベリーもルテインも、業界トップクラス配合となっています。

ビルベリーエキスの配合量をチェックすると、圧倒的な数値であることが分かります。

人気成分であるルテインは、天然ルテインを100%使っています。研究結果に基づき、ビタミン、ミネラル、補酵素も9種類をしっかり配合しています。

国内にある工場で、徹底した品質管理と安全管理の下で製造されているので、毎日安心して摂取することができます。

・アイジャスト「ライザップ」


2017年にあのライザップが満を持して開発した新サプリメント・機能性表示食品です。

特徴はアスタキサンチンの配合が目のサプリメントでトップクラス

目のピント調整機能での臨床結果データもあり、目の疲れを軽減してくれます

目のピント調整機能を助ける
RIZAPの機能性表示食品【今すぐクリック!!】

ルテイン・サプリメント(DHC)

手頃な価格のDHC。成分はルテイン・カシスエキス・メグスリノキエキスなどを含有。

このほか、わかさ生活の「ブルーベリーアイ」、「ルテインα」や、
ファンケル「えんきん」「ルテイン&ブルーベリー」「スマホえんきん」などがあります。

ちなみに私が試したのは「めなり」「アイジャスト」「えんきん」の3つ。

されている成分は似ているのですが、微妙に組み合わせが異なり、含有量も違うので、
お試しで自分にあった目の老化サプリメントを選ぶといいです。

目の老化「加齢黄斑変性症」について

網膜の中の細胞が老化にすることにより発生する加齢黄斑変性症。

あまり聞き慣れない病名かもしれませんが、40代以上に増えてくる目の疾患です。

当然、視力の低下、物が見えにくくなる、ゆがんで見えるなのどの症状もあり、
放置していると失明する可能性もあるほど。

もし、このような症状がでたら、まず眼科へいって診療を受けてください。

加齢黄斑変性症の原因は食生活と言われています。

つまり網膜の中にある細胞に必要な栄養素が不足しているためと言われています。
※亜鉛・カロチノイドなどの不足など

サプリメントはこれら目に必要な成分を含有しているので、
食事ではカバーできな部分をサプリで補うこと。

目の老化にビタミンが効果的。βカロチン(ビタミンA)、ビタミンC


医師の中にルテイン摂取を推奨する方もいらっしゃれば、
ビタミン群の摂取をすすめる方もいらっしゃいます。

ビタミンは直接的な効果をいうより、目の周辺の新陳代謝、血行を良くするので
目の老化回復の土台つくりの効果があるとのこと。

ちなみに、目の水晶体を支える「毛様体筋」があり、これがピント調整をしているのですが、
これが衰えると「目の老化」がはじまります。

 

この目の水晶体を支える「毛様体筋」。
読んで字のごとく筋肉となります。

よく目のトレーニング、エクササイズで眼球を回すなどの運動がありますね。
これは「毛様体筋」を動かして、コリをとるトレーニング運動なのです。

そして、「水晶体」に必要な栄養成分がビタミン。
βカロチン(ビタミンA)やビタミンB、ビタミンEが良いのですが、
ビタミンCの効果は新陳代謝の促進。

ビタミンC、Eの摂取を推奨する医師も目の周辺細胞の新陳代謝、

血行の改善が必要とおしゃっています。

 

スマホで疲労感がありませんか?


インターネットが普及して、パソコンやスマートフォンを持つ人が多くなり、生活はとても便利になりました。

ただ、パソコンやスマホの使いすぎで、疲労感を感じたり、老眼の疲れ目で悩む人が増えています。

若い人でも、老眼のような症状が出る人も多く、社会問題となっています。

夕方になるとスマートフォンの画面がぼやけたり、目が乾いて充血したり、休んでも目の疲れが取れない場合は、専門医に相談した方が安心です。

日常生活では、パソコンやスマートフォン、タブレットの長時間使用を控えることが大切です。

仕事などで長時間使う場合は、できるだけ目を休める時間を確保することが大事です。

 

老眼(加齢)で起こる目の症状

加齢によって、近くにあるものが見えなくなる場合、老眼の疑いがあります。

人間は、対象物を見るときに、無意識にピントを合わせています。

ところが、年齢を重ねるとピントの調節機能が衰えてしまうのです。

通常は、レンズの役割を担っている水晶体の厚さを変えることで、ピントを調節しています。

ところが、加齢によって水晶体が硬くなると、調節を行う筋肉が弱くなり、ピントが合わなくなって近くが見えにくくなるのです。

かすみ目や疲れ目、ドライアイなどの症状が、頻繁に出てきた場合は、早めに専門医に診察してもらうことが大事です。

 

サプリメント成分 まとめ


目の老化(老眼・疲れ目)に必要な成分として知られているルテイン・ゼアキサンチンは、黄斑変性症に対する予防効果が期待できます。

ルテインは、目に入る有害な光を吸収します。抗炎症効果があるので、眼病予防の対策にも使えます。

ゼアキサンチンは、カロテノイドの一種で、強力な抗酸化力があります。

アスタキサンチンは、栄養が届きにくい部分まで届くので、目の奥まで効果を発揮することが可能です。

アントシアニンは、ポリフェノールの一種で、昔から目の働きを高めるために使われてきました。

クロセチンは、カロテノイドの一種ですが、油にも水にも溶けやすく、少量でも抗酸化力を発揮できます。

-目のサプリメント
-,

Copyright© 目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.