眼精疲労・老眼・目の悩みを改善!サプリメント、グッズ、アイケア対策を実際に試してみました。

目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策

目のサプリメント

老眼サプリの口コミまとめ!おすすめは?本当に効果はある?

更新日:

老眼にサプリメントは効果があると実感しています。

私は48歳ですが、サプリメントで文字がハッキリ見えるようになり、
眼精疲労が改善しました

サプリメントは「老眼」を治療するものでありませんが、
目の疲れ、目の老化を防ぐ、目の状態を改善する効果は期待できます。

手元のピントが合わない、文字がぼやける、眼が疲れるなどであれば、
効果効能はあります(臨床試験結果もあります)

それでは、実際の老眼に効果あるサプリの口コミをまとめてみました。

 

老眼サプリの良い口コミ

今回は「めなり」の口コミ・使用者の声を集めました

「とても効果を実感してます。4週間くらいで手元のピント調子が改善し文字が読めるようになりました」
「新聞や文庫本などの小さい文字がぼやけてまししたが、いまではクッキリ見えます」
「手元や、近い文字文字だけでなく、かすみ目やほんやりも解消されました」

「夕方になるとパソコンの文字がぼやけていましたが、いまでは文字がはっきりと読めるようになりました」
「普段はメガネをかけているのですが老眼のせいか、近いものもぼやけるようになりました。そこでサプリメントを摂取。
近いもの(手元)の文字がくっきりするようになって改善しました」
「四十代になってから、眼のかすみ、ぼやけることが多くなってました。サプリを摂取してから、クッキリと
文字が読めるようになり感激です」

口コミ・お客さまの声はコチラ>>

老眼サプリの悪い口コミ

「1ヶ月間試してみたが、あまり効果を感じない」

「老眼に効くサプリメント自体が疑問。ビタミン剤のほうがいいかも」

「機能性表示食品であり、多少の効果は感じたが、サプリの値段のこともあり継続しなかった」

「体質てきに合わなかったのか、効果を実感できなかった」

「手元のピント調整は効果を感じたが、眼精疲労が改善するまでではなかった」

老眼サプリの口コミまとめ

老眼サプリの口コミとしては「良い口コミ」のほうが圧倒的に多かったのですが、
一部、効果をできなかった方もいらっしゃいます。

また、目のピント調整で改善効果を感じたけど、眼の疲れが解消しなかっったという口コミは、
悪い口コミではなく、良い口コミに入ってもいいかと。

実際、40歳を超えると眼に必要な成分ルテイン・ゼアキサンチンなどは大幅に減少するため、
サプリメントで成分を補給するのは重要なことです。

老眼回復、老眼防止だけでなく、眼精疲労(目の疲れ)、かすみ目、などに有効な
ルテイン・アスタキサンチン・アントシアニン(ビルベリー)・DHA・クロセチンなどの
栄養素が必要です。

口コミとしてはサプリ摂取後、「眼の状態が良くなった」方が多数でした。

まずはお試しキャンペーンで!

老眼サプリが自分の体質にあうかどうか?

これは実際に試してみないとわかりません。

・初回であれば、ファンケル「えんきん」は20%OFFの1728円で送料無料。
・さくらの森「めなり」は初回限定907円で送料無料。
・ライザップ「EYE JUSTアイジャスト」は初回1980円で送料無料。

かなりお手な価格で、どれも30日間分あるので、効果を確認するに良い容量。

このほか、ブルーベリーアイ(わかさ生活)、など多くの老眼サプリがありますが、
自分の体質、症状にあったサプリメントを選ぶことが大切。

おすすめサプリは「めなり」

お試しキャンペーンで30日間、じっくり効果を体感してみてください。

老眼に効く食べ物・食事

老眼にいい食べ物としてはルテインが知られています。

ルテインとは、にんじんやかぼちゃなど野菜や植物の黄色をつくる色素であるカロテノイドの一種です。

 

それを食事から摂取すれば、どのような効果があるのかというと、

眼から入る有害な光を吸収してくれるので眼がダメージを受けることを防いだり、

抗酸化作用による老化を予防したりすることができます。

この成分が含まれる食べ物としては、前述のように黄色い色の野菜や植物なのでにんじんやかぼちゃなどの煮物が良いでしょう。

それ自体は黄色いものではありませんがほうれん草やブロッコリーなどにも多く含まれています。

つまり、緑黄色野菜をふんだんに使ったサラダや青汁などであれば、効率よく摂取できるのです。

 

老眼の症状とは

老眼になると年を取ったと感じてしまうもの。

老眼の特徴というと、

●遠くにあるものは見えるのに、近くにあるものを見ようとすると手元のピント調整が出来ずにぼやけてしまう

 

●近いものを見た後に遠くのものを、遠くにあるものを見た後から近くのものを、というように距離に差があるものを見るとぼやけて見えてしまうというものです。

ものを見る時に、対象物がぼやけて見える、というのは、若い頃でも起きることはあります。

特に今はスマホの画面を見続けることで起きるスマホ老眼が問題になっています。

しかし、目を酷使した時に起きるかすみ目、疲れ目であるならば、一時的に手元のピント調整が出来ていないだけです。

休養を取れば回復するので、症状が持続する老眼と区別をつけることが出来ます"

 

老眼に効くツボ・マッサージ

老眼を解消するためには、体を刺激することも効果的です。効果的なツボとしては次のようなものがあります。

糸竹空は目の疲れを解消する事ができ眉尻にあります。

目窓は、毛様体筋の衰えを予防する事ができ、両眼の真上で前髪の生え際から少し上の部分にあります。

太陽は血行の促進を促し目の疲労回復に役立ちこめかみの部分位あります。

さらにマッサージでは、眼の上下を軽くなでていくことで疲労で滞っていた周辺の血行を良くする事ができます。

注意点としてはあまり強くおしすぎると、血管を傷つけてしまうので優しくすることです。

それから蒸しタオルなどで目の周辺を温めてからマッサージをすれば、さらに血流が良くなって効果が高まります。

老眼になる原因

老眼になる原因は、人がものを見る時のメカニズムの中にあります。

人の目は、外から入ってきた光を角膜、水晶体と通していき最後は網膜で受け止めます。

網膜で上手く象を結ぶためには、レンズの役割を果たす水晶体の厚さを調整します。

その調整をするのが毛様体筋です。

近くにある物を見る時には毛様体筋を緊張させて水晶体を厚く、逆に遠くにあるものをみるときには毛様体を緩めて薄くするのです。

この毛様体筋は、年齢を重ねるにつれて衰えてしまい、対象物に合わせて水晶体の厚さを変えることが出来なくなってしまいます。

それと、水晶体自体がどんどんと硬くなり、柔軟性が失われてしまうと、厚さを変えにくくなってしまいます。

このふたつの原因により、水晶体を厚くすることができにくくなってしまい、近くにある者にピントを合わせにくくなってしまうのです。

目の酷使、スマホ・パソコンの使いすぎに注意

 

長時間、車の運転をしていたり、デスクワークでパソコンを使っていたり、

寝る前にスマホの画面をずっと眺めていたりすると、徐々に水晶体の厚さを調整する毛様体筋にかかる負荷が蓄積してしまいます。

 

それにより、老眼のように近くのものがぼやけてしまう症状が出てしまいます。

 

眼の使いすぎで起こる老眼を俗にスマホ老眼と呼びます。

これを防ぐためには、当然のことですが目の酷使をしない、スマホ・パソコンの画面を長時間見続けない、といったことが求められます。

とはいえ仕事でパソコンやスマホ無しでは生活できない、という人も少なくありません。

それならば、せめて一定時間ごとに目を休息させる時間を設けたり、画面に顔を近づけない、といったことを心がけましょう。

-目のサプリメント
-, ,

Copyright© 目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.