眼精疲労・老眼・目の悩みを改善!サプリメント、グッズ、アイケア対策を実際に試してみました。

目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策

眼精疲労

眼精疲労は眼科で治らない?点眼液の処方はしてくれます

投稿日:

眼精疲労は眼科で治らない?点眼液の処方はしてくれますが、

どこまでち治療の効果があるのか、私が実際に大手の眼科クリックへ通院した経験を元に書いています。

あくまで個人の感想ですが、実際に眼精疲労の症状でクリニックへ行ったかたなら同じ体験をした方も多いはず。

参考になれば幸いです。

眼睛疲労で眼科へいくことの意味

眼精疲労くらいで眼科へ行く必要はないと考えていませんか。

眼精疲労には休憩すれば治るものと目の痛みや頭痛などを引き起こすものとがあり、

休憩しても治らなければ眼科で検査を受けたほうが良いこともあるのです。

 

眼睛疲労でなく目の疾患かも?

と考えられるかどうかが症状を悪化させないために必要になります。

 

眼科では目の乾き具合や眼球が痛んでいないかどうかなどを検査してくれます。

眼圧や視力検査以外ではいかないという方もあえて医師に診断してもらうことで、

目の病気の可能性もあるかもしれないという不安を拭い去ることができることになります。

眼科は目の疾患(病気)を治すところ

目の疾患は目やに、まぶたのはれ、疲れ目くらいでは気にしていない方が多いのですが、かゆみや異物感、充血、ものもらいや花粉症など普段とは少々違うという時に眼科で検査をおすすめします。

 

理由は緑内障や白内障、網膜剥離などの初期症状かどうかを診察してもらうことができるため。

 

特に緑内障は40歳以上の20人に1人以上がかかるという身近な病気ですが、あまり知られていません。

 

また自覚症状がなくても疾患の症状が出ていることもありますから、定期的に診察を受けておくことも大切です。

 

糖尿病の持病がある方も定期検診をしておくと疾病の予防になりますし、早期発見が可能になります。

眼睛疲労は点眼液のみ処方のケースも

眼精疲労は蓄積すると頭痛やめまいなどを引き起こすこともあります。

私も眼睛疲労で眼科へ行きました が目の酷使が原因だといわれて点眼液だけ処方されました。

市販薬でよかったかもしれないと少々公後悔しましたが、

眼科医が処方する目薬には防腐剤が入っていないというので行ってよかったと思いました。

 

実際、市販の高い有名製薬会社の目薬より、眼科で処方された点眼液の方が効果があった。

市販の目薬は目の痛みを感じるときがありますが、クリニックの点眼液はソフトな感じで痛みがなかったです。

たまにかゆみもあったのでかゆみと炎症を抑える成分が入っていたことも安心できました。

もちろん生活スタイルを見直すところから始めなくてはいけませんが、

調子が悪いというだけでもきちんと診察してもらえるというところが安心できました。

目のサプリメントで栄養素を摂取

目の疲れに効くサプリメントを普段から摂取するようにもなりました。

目にいい成分といわれるブルーベリーがたっぷりでルテイン、アントシアニン、ポリフェノールと目の健康管理だけでなく体の調子も整えてくれます。

ブルーベリー系はなかなかフルーツとしても手が出づらいので便利です。

眼睛疲労も少しずつ緩和されてきたような気がします。

ルテインとアスタキサンチンの吸収を良くしてくれるクロセチン、網膜を強化してくれるDHA、黄斑部を守って抗酸化作用の高いゼアキサンチンなど高スペックが魅力です。

 

アスタキサンチンは特に目のピント機能を高めてくれる栄養素ですのでおすすめです。

病院で眼科医に相談しよう

眼睛疲労を感じていると体も疲れを感じてしまいますし、頭痛やめまいなどの症状も引き起こしてしまいます。

目を酷使していると体の不調も目立ってきます。

まずは病院へ行き、眼科医に相談してください。

 

目がしょぼしょぼする、ぼんやりして見えるといった症状を相談することができますし、

目の病気が発見されれば早期治療が開始できます。

 

メガネの調整をしてレンズが視力に合うようにアドバイスしてくれたりします。

首や肩、腰のこりに悩んでいてマッサージをしてもなかなか治らないという方は目の疲れを疑ってみることも大切です。

眼科医は疲れ目とかすみ目、ドライアイの相談もしっかりと聞いてくれます。

-眼精疲労
-, ,

Copyright© 目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.