眼精疲労・老眼・目の悩みを改善!サプリメント、グッズ、アイケア対策を実際に試してみました。

目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策

ビタミン

目に効くビタミン!※食べ物・サプリ・眼科医も推奨するビタミン群とは?

投稿日:

目に効くビタミン群の効果効能と、

眼科医も推奨するビタミン群を含む、食べ物やサプリメントについて。

食事とサプリでビタミンをかんたんに摂取する方法とは?

ビタミンA(βカロチン)

目にいいサプリはよく売られていますが、具体的に何がいいのかというとビタミンです。ビタミンは眼精疲労や白内障予防などの効果効能がありますので、特にビタミンAであるβカロチンなどは日頃の食事から摂取しておきたいところです。強い抗酸化作用があり、摂取すると網膜で光を感受する機能にかかわる成分となります。そして、細胞や粘膜の新陳代謝に欠かせない栄養素となりますので、視力低下などの予防にもなります。多く含まれている食べ物は、ニンジンやしそ、ニラなどの野菜と、うなぎがあります。積極的に摂取することをおすすめします。

ビタミンBの効果効能

ビタミンBはB1とB2に分かれます。B1の効果効能としては視神経の働きを助け、疲労回復や目の疲れに役に立ちます。B2は角膜炎の予防します。不足すると顕著に変化が起こり、結膜炎、充血、涙が出る、光をまぶしく感じる等の症状が出ます。体内に貯蓄できないのが特徴ですので、サプリや日々の食事から積極的に体内に取り込んでいくことが必要となります。レバーやうなぎ、大豆製品などによく含まれています。また、B6とB12も目の健康維持に欠かせない栄養素であり、目の疲れの予防や神経機能を維持し視覚情報を正確に伝える役割があります。

ビタミンCの効果

ビタミンCはよく知られていますが、美肌に限らず目の健康にも役に立っています。目にかかわる効果効能としては、ビタミンAと同じく抗酸化作用があり、老化を予防することです。また、水晶体の透明度を保ち、細菌などから目を健康に保つ役割があります。キャベツやイチゴなどの野菜やフルーツに多く含まれており、現在では飲料としても様々なものが売られていますので摂取は比較的しやすいと考えられます。目安は1日260mg以上摂取することで様々な予防に繋がると言われていますので、意識して食べていくようにすることがおすすめとなります。

ビタミンEの効果効能

ビタミンEも目の健康維持には欠かせない栄養素となり、効果効能は血行促進と抗酸化作用です。特に活性酸素が体内に発生するのを防ぐため、加齢黄斑変性の予防や治療には役に立ちます。ビタミンAやCほど認知度はなくどちらかというと不足しがちな栄養素であるため、こちらも積極的に摂取していくことが大切となります。ナッツ類や魚介類、うなぎやかぼちゃに多く含まれる栄養素です。また植物油にもよく含まれていると言われています。1日の目安量は8mg程度と言われており、それ以上摂取してしまう場合は注意が必要となる栄養素です。

ビタミン剤の購入はアマゾン、アイハーブが便利

ビタミン剤の購入は、アイハーブがおすすめとなります。iHerb購入経験者の中でもビタミンは特に人気があると言われており、通販で購入することができますしAMAZONでも売られています。自然食品や商品を販売している世界で最大のオンラインショップと言われていますので、世界中の人から愛され、購入されています。高品質な商品が現地の価格で安く手に入り、日本語の対応や日本円の決済も可能ですので安心して利用できるオンラインショップです。オンラインショップから直接ですとアメリカから購入することになるのがポイントです。

-ビタミン
-, ,

Copyright© 目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.