浮気の証拠 有効期限はいつまで?

素行調査の費用※依頼しないほうがいいる探偵もあるの要注意

MENU

浮気の証拠 有効期限はいつまで?

浮気の証拠 有効期限はいつまでなのでしょう?
早期に離婚する予定ではないけれど、証拠があることでストレスが軽減されてきます。(ここは大切な部分)。法律的には証拠は三年間の有効となります。

よくあるのは、帰りの時間が遅くなることが多くなったり、やけに携帯(スマホ)を大切に扱ったり、急に優しくしたり、ファッションが変化したり、と変化の兆候はいろいろとなります。

原一などの大手は事前に、見積書を提出し、余分な料金はありません。ノウハウが確率されていてムダのない調査料金を提出しているからです。

最近は、離婚は年間20万件を越え、以前みたいなマイナスイメージも払拭されてきました。とは言っても、離婚となった時は、相当のエネルギーを使うことになります。

次の段階に移る大切な時は、熟練した相談スタッフがアドバイスしてくれるところもあります。また、法律の専門知識が必要な時は、訴訟に強い弁護士へ連絡をつけてくれます。


調査完了したあとに、相手からの謝罪、慰謝料などもサポート体制のある企業もあります。弁護士事務所を提携している場合は、最善の解決策を取ることが可能となります。

話し合いがなかなか進捗しない場合、的確な判断ができる友人や兄弟に参加を依頼しお互い納得いくまで協議し、離婚か関係修復するのかは、最後の判断はアナタです。

話し合いがなかなか進捗しない場合、冷静沈着に見ることができる友達または家族に仲介を依頼して納得いく十分な話し合いで、よりを戻すか離婚するのかは、アナタの判断が必要です。

浮気がハッキリしないと探偵に依頼できないと考えがちになるものですが、明確にしたいの時点での素行調査を始めるのがいいでしょう。証拠をつかむことで展開が進むのです。

目安となる浮気調査の費用は、依頼側の意趣などもより費用は変わりますが、相場的には約十万円前後と言われています。


探偵に依頼をする際に、調査対象となる人物写真等をお持ちください。(背格好や体の特徴、身長、通勤で使う駅や路線、乗用車と車ナンバー等)手持ちの情報が多いと素行調査の精度は上がります。

依頼したい探偵事務所にはメールもしくは電話にて無料相談を予約しましょう。会社の雰囲気や担当者の言葉使いやもチェックしたいポイント。雰囲気が悪い場合はやめること。

気になるメッセや電話履歴があっても、実際の裁判では証拠と認定されない時も多々あるのです。興信所・探偵では裁判で使える証拠を報告書にまとめ提出します。

真実に気づくことがないうちに、突然、別れ話が始まったり、浮気・不倫の本当のことが分かった時にはすでに手遅れとなるケースも。この時の心のショックはかなり厳しいもの。

浮気・不倫調査の目的は、やり直す、離婚を決めている、慰謝料の請求など様々なケースがあります。大切なことは、事実(真実)を素行調査して知ることと言えます。