興信所や探偵社で行う浮気調査は、出来高制を採用している場合もあります。こう聞

探偵を雇う費用はいくら※低料金で分割払いにする●●方法

MENU

興信所や探偵社で行う浮気調査は、出来高制を採用している場合もあります。こう聞

興信所や探偵社で行う浮気調査は、出来高制を採用している場合もあります。こう聞くと、不倫の裏付けがとれなければタダで済んですごくトクな感じがします。
でも、調査相手が不倫しているかどうかがハッキリしない場合や、普通より調査に時間がかかりそうな場合は断るときもあるそうです。
また、調査員が浮気の裏付けをしっかりとってきた際、高額な請求が来ることもあるので、利用者の方で気をつけておかなければいけません。



もし浮気されてしまった場合、それがわかった時は、やはり頭に血がのぼってしまうかもしれません。
しかし激情が通り過ぎたあと、冷静になってきたら、その不貞行為へどう対処するかを考えるべきです。
浮気なんていうものは、道義上許されない行為です。

メンタル的には本当の解消には至らないかもしれませんが、精神的苦痛を伴う行為への補償(慰謝料)は、しっかり支払ってもらうべきです。



パートナーに不倫行為が発覚すると、ただ単に別れるのではなく、慰謝料の発生も考慮しなくてはいけません。
相手がきちんとした裏付けをとっていれば、圧倒的に不利な立場になります。



その場合、慰謝料の相場が分かれば気も楽ですが、引越代(60万程度)からその10倍くらいまでと本当にケースバイケースで異なります。

その額で難しいときは、額を減らしてもらうよう交渉するのも良いでしょう。知らない探偵社に個人的に相談するのは抵抗感があるという人は少なくありません。

個人情報を伝えるのが不安なら、実名を伏せた相談に対応している事業者も存在します。うまく活用して、これなら良さそうだと判断できたら、本名を伝えて詳しい話を詰めていくといいでしょう。

浮気に走るきっかけというのは主に、配偶者との生活のマンネリ化が耐えられないということに集約できるようです。

異性として恋愛対象になるという気持ちの高まりが不倫という一線を超えさせてしまうわけです。
そういった事態を避けるには、二人でいる時間を作り、自分たちが何が不満なのかを話してみて、認識するのが必要ではないでしょうか。浮気した方は気晴らしでも、された方には深いダメージが残ります。

そのような方の心をケアをしてくれる専門のカウンセリングがあります。
プロのアドバイスを受けつつ、無理なく精神状態の回復を図ることができるでしょう。信頼していた相手に裏切られたことで別れたあとも人間不信を引きずってしまい、自分の人生なのにポジティブになれないことも多いようです。
もし離婚せず、旦那(夫)婦関係の修復をはかる際も、カウンセリングが効力を発揮すると思います。パートナーの不倫で悩んでいるなら、考えなしに探偵に浮気調査を頼むよりも、事前相談といった形で無料で話をきいてくれるところを利用するのがいいでしょう。


裏切られているかもしれないショックで気が動転しているのに、信頼できるかどうかもわからない会社に不倫調査をしてもらうのは、どうしたって不安なものです。


安心のために探偵を雇うのですから、まず相談だけしてみて、誠実そうなところを選べばよいのです。これから配偶者の浮気について、探偵に調べてもらう際は、価格の安いところに目がいきがちです。ただ、誹謗するわけではありませんが、極端に安いときは、用心にこしたことはありません。
価格なりの低レベルな調査に終わるケースもしばしば見られるのです。調査を頼む際は、信頼に値する業者なのかは、しっかり確認しておきましょう。

配偶者パートナーの浮気を興信所に調査してもらうときは、結局のところ何を主眼に調査してもらうかを明確にしておくのは欠かせません。

パートナーの不倫に歯止めをかければ済むのか、あるいは離婚裁判のための証拠が欲しいのかなどを区別して、伝えておく必要があります。どこに主眼を置くかにより調査員の仕事内容も変わるため、自分の希望をよく伝えておくことが大切です。



人嫁(妻)って浮気しないものだと思っていたのですが、先日同級生と久々に会ったら、奥さんが浮気していて、相手を訴えてやると言っているのです。



気持ちは分かりますが裁判となると訴訟費用なしにはできないでしょうし、ならいっそ、浮気の歴然とした証拠というのを見せてやって、不倫相手に慰謝料の支払いを求め、交際も接近も徹底的に制限すれば良いのではと助言しておきました。
たとえ調査内容が同一でも、浮気調査の代金は探偵社次第で結構な違いがあるようです。
話を聞いてくれたからと最初の業者に決めてしまいがちですが、多少面倒でも複数の探偵を雇う社で見積書を提示してもらう方が、値段だけでなく会社の雰囲気も分かって良いと思います。



それから、抵抗感はあるかもしれませんが、不倫調査の対象者について知っている情報を分かる範囲で構わないので調査員に伝えると、余計なことに調査時間を費やさずに済み、コスト削減にもなりますし、仕事の精度も上がります。かれこれ十年以上、興信所の探偵として勤めていますが、不倫の証拠集めにはカンやコツのようなものもありますが、習熟も必要です。地道といいつつも予想外の出来事は多く、速やかに対処する判断力も大事です。浮気の場合は相手もいることですし、あくまでも内密に調査を遂行しないとクライアントの利益を損なうことに繋がるため、徹底的に注意を重ねるのがプロの探偵を雇うです。特別な資格が要らないなら便利屋でも探偵でも同じと言っている人のブログを見たことがありますが、この二者にははっきりとした法制度上の違いがあるので今一度ご理解いただきたいと思います。

何でも屋とか便利屋と呼ばれる仕事は普通の会社と同じように始められますが、探偵業を始める際は、その地域の警察署を通して公安委員会に開業届を含む書類一式を提出し、探偵業届出証明書の交付を受けなければ営業することはできません。
こうした手続きを踏んで、大事な個人情報を扱えるのが探偵社なのです。

ドラマには無報酬の探偵なども登場しますが、調査をしてもらうときは料金がつきものです。
調査員が行う作業いかんで値段は異なります。単純そうな行動追跡でも、場合によっては長時間、長期間かかるかもしれません。



期間、季節、時間帯などによっても料金に差異が出てきますので、単純に言えば時間が長ければ長いだけ、必然的に費用は多くなります。興信所に持ち込まれる案件の多くは、不倫の有無を調べる追跡調査です。



どのように探偵が調査しているのかを、不倫調査を例に解説します。

調査方法の基本としては、勤務先や居住地といった個人情報をベースに、対象の追跡を行います。相手が警戒していることもありますから、ここぞという日時に限定して追跡し、不倫の証拠写真を撮影したりします。
パートナーの浮気に気づいたときは、ベストな対応をするべく、平常心を取り戻すことが大事です。

いまさら夫婦関係を続けていくことに抵抗があれば、離婚だの慰謝料といった問題も出てきます。


二人で会う機会を作り、今後のことについて相談することをおすすめします。4歳の娘と7歳の息子がいるアラサー主婦です。旦那(夫)は7つ年上で社宅住まいです。夫の浮気が判明するまでは普通の家族でした。


しかし先週、親を含めて話し合い、仲人さんにも話して、いよいよ離婚という運びになりました。これから女手一つで、この子たちを育てるわけです。



簡単なことではないでしょう。夫に言いたいことは山ほどありましたが、相談の場を大事にしたかったので、弁護士さんを頼み、不倫の当事者たちに慰謝料と養育費の請求を行い、安全のために公正証書を作成しました。探偵を雇うの仕事といえば、たいがいの人はひたひたと尾行する姿を想像するようです。対象にそれと悟られないよう移動を共にし、依頼人の求める証拠を見つける調査です。

察知されることが極めて少ないよう訓練されていますが、尾行する人間は相手の行動を冷静に見越しておく必要があります。

想定外の行動をとったから失敗したでは済まされないのが、当然なのですから、ラクな仕事ではありません。近年は技術改良が進んで、GPS機能を使えば、浮気が懸念される人の位置情報を発見することが容易になりました。


GPSつきの携帯やスマホはたくさんありますから、それを使わせることさえできれば、ほとんどリアルタイムでどこにいるかが判断できます。


非合法な方法ではありませんし、自力でパートナーの浮気を見つけようと思ったら、GPSを使えば便利だと思います。
不倫の結果として生まれた子供でも認知請求することは可能です(民法779条)。一度認知させれば子供の養育費などを請求できるため、手続きとしては最重要なものだと思います。
認知ときいて浮気相手が逃げてしまった場合、訴訟を起こされることもあり、浮気の事実があれば否認は困難です。

子供なんて出来てしまったら大変ですから、なんとか不倫をやめさせないと、家庭のライフプランが大幅に狂う被害があると思っていいでしょう。ほんの出来心でハマってしまい、周囲の信頼を失ってしまう。



そんなに浮気は魅力的なのでしょうか。旦那(夫)婦関係に嫌気がさしたからといって、新しい人と再スタートなんていうのは、虫が好すぎるとは思いませんか。妻か旦那(夫)のどちらかに原因があるとしても、それで解決するわけはないでしょうし、子供がいるのならなおさら慎重になるべきです。

軽率のツケは高くつくでしょう。
世間的には離婚した際、たとえ実の親子でも不倫なんかしていると子供の親権がとりにくいと思われているようです。

道義的には分かるだけに無理もないのですが、本当のところは違います。

子供の親権というものは、裁判では子供と生活上きちんと接しているか(同居が前提)や、育児への関与といった点を見ていきます。つまり、子供の生育に適した環境かを最も重要なことと考えているようです。



浮気の慰謝料の請求は、いつでもできるというわけではありません。
不倫相手を特定してから3年間、さもなければ実際に不倫があった時点から計算して20年が期限となっています。ただ、時効間際といっても諦めないでください。慰謝料請求訴訟を起こせば、この時間経過を止めて、時効を事実上なくすことができます。不倫という行為を時効で「逃げ得」にしてはなりません。

時間がなければ裁判で時効を利用させない手を使うほうがいいでしょう。ろくでもない探偵を雇ってしまうと、満足な調査が行われなかったり、お金を溝に捨てるようなはめになります。事務所に相談に行った際、料金や作業に関する説明が不十分だったり、不安な気持ちにさせて無理に契約させる事業者は用心してかかるべきです。
一度断ったのに、再三にわたり電話をかけてくるのは劣悪な業者とみて間違いありません。


誠実な探偵業者はけしてそのような行為はありません。

たとえ大手だからといって100パーセント素晴らしいとは言いませんが、探偵を雇う業者の場合は大手のほうが間違いが少ないです。中小にも良い会社はあるはずですが、中にはろくすっぽ仕事もしないくせに代金の支払いを求めてくる会社や値段が不明確だったりする会社もあります。それとは別に、相談した際の職員の対応なども依頼するかどうかの判断材料になるでしょう。
過去には安い探偵というのは使い物にならないと言われていた時期もあります。


お客に内緒でいい加減な調査をしていても、気付かれることは殆どなかったからです。ただ、最近はインターネットがあることですし、調査内容の信頼度や請求などについても評判を集めるのは可能です。安値ばかりにこだわれば品質が落ちてしまいがちですが、高いわりに調査がイマイチな会社に依頼したってしょうがないので、費用と実績がうまく合致したところを見つけ出すしかないのです。職場内で不倫が発覚しても、不倫に強要などのパワハラやセクハラを伴わない限り、個人の問題が理由でクビにするというのはできません。
けれども、企業には就業規則というものがあり、その中の公序良俗、および社内秩序、風紀等を乱す行為といったものに相当すれば懲戒もありえますが、現実的には口頭注意ぐらいで、それ以上の処分にはならずに終わりがちで、結局のところ「甘い」印象は否めません。
浮気調査を探偵を雇うに依頼して、証拠を掴み、浮気相手と別れさせたのにも関わらず、ふとした拍子に繰り返すことがあります。

休日に家族と過ごす時間が減ったり、メール履歴などで懲りずに浮気を始めたことに気付くのです。

大抵の場合、前回の浮気での対処が寛大すぎたことが考えられますから、次はないということを実感させるような厳しい措置が必要なのではないでしょうか。
不倫していると受け応えでも見抜くことができます。

遠まわしに探りを入れず、ただ質問するだけです。人間はウソをつくときほどやたらとハキハキ回答したがりますから、それを見るだけです。それに、ちょっと聞いただけでまるで物語のように話をふくらませるのもアウトでしょうね。後ろめたいことを隠しているときは、間合いが開くのが苦手になって、埋め合わせにとにかく喋ります。
目を合わせないのにチラ見するなどの様子を見れば嘘は分かります。当事者としては悪気はなくても、不貞行為には違いないのですから、その対価はおそらく高くつくでしょう。



もっとも、パートナーの対応によって変わってくるとは思いますが、離婚と財産分与のために自宅を手放したり、慰藉料を請求されることだってあります。



不貞行為が明るみに出れば、金銭的賠償だけでなく、社会的制裁さえ被りながら、償わなければいけないのです。