奥さんがだんなさんの浮気に気づいて調査依頼のために探偵の元

探偵を雇う費用はいくら※低料金で分割払いにする●●方法

MENU

奥さんがだんなさんの浮気に気づいて調査依頼のために探偵の元

奥さんがだんなさんの浮気に気づいて調査依頼のために探偵の元を訪れるとかいう設定は、レディコミやドラマでも時々見かけます。

物語に登場する探偵の仕事は視聴者にも「想定の範疇」なので、自分でもできるような気がしてしまいますが、調査対象が用心している場合などでも秘密裏に行動を追い、まったく気づかれないよう証拠写真を撮影するというのは、簡単な仕事ではありません。調べていることが向こうに分かってしまっては元も子もありませんから、探偵の仕事はプロに一任したほうが良いでしょう。
ほんの火遊びのつもりでも、パートナーにしてみれば、浮気は人生を揺るがす一大事でしょう。

その許す事ができない行為を好き放題にやらせておく理由はないはずです。相手の浮気を裏付ける方法というと身近なところでスマホや携帯電話ですよね。


肌身離さず持っているようなら、メールやラインなどを使って不倫相手と連絡をとっている可能性があります。興信所を雇うに調査してもらい、不倫の証拠を見つけて浮気相手と別れさせたのにも関わらず、ふとした拍子に再び浮気する人は一定数いるようです。

連絡せず遅い時間に帰宅することが増えたり、ふとしたLINEやメールの着信により懲りずに浮気を始めたことに気付くのです。


もともと最初の浮気への対応が向こうにとって甘いものだったこともありえますから、二度目や三度目ともなれば更なる厳格な対応が必要なのではないでしょうか。全部がそうというわけではありませんが、探偵社では相談の段階までは代金をもらわない(タダ)というケースも少なくありません。
複数の会社に相談することもできますから、依頼前に時間をとってでも利用しておきたいですね。
その会社の対応状況などを判断する指標になるからです。



また、相談員と話していくうちに、自分の悩みや気付かなかったところを、あらためて洗いなおすきっかけにもなります。


最近は探偵を雇うも興信所を雇うもその差は単なる社名の違いと思って頂いて構わないでしょう。探偵業を営むという点で変わりませんし、公安委員会への申請義務がある点も同じです。
ですから、不倫の調査をしてもらう分には、特に気にすることはありません。と言っても、どのあたりの分野を得意とするかは、調査スタッフや会社によっても変わってくるでしょうから、事前に調べたり質問しておくことが大切です。
会社にもよりますが、探偵業者の不倫調査には、浮気の裏付けがとれたら支払うという出来高制の契約もあります。



それなら証拠がなければ支払いが発生しなくてなんだかとても「得」に見えますよね。
ただ、不倫そのものがないのではと思われるときや、普通より調査に時間がかかりそうな場合は受け付けてもらえないこともあるそうです。
当然ながら証拠をゲットする確率も高く、そのときに高額な請求が来ることもあるので注意してください。
興信所に不倫調査等を頼む際は、一般的な調査価格の相場について知っていないと、悪徳業者と普通の業者の区別もつきません。おおむね時間あたり1万円程度を見積もっておくと確実です。



一般的に言えば「高い」と感じますよね。行動調査の時間を増やせば、費用はかさむので、支払い可能な金額を超えないように気をつけましょう。実際のところ探偵調査業というものにもライバル社というのはあり、相場より安く請け負うところやポッキリ価格で請け負う業者がよく見かけるようになりました。とはいえ、オプションがついたりすることもないわけではないので、調査を依頼する前に、疑問点について説明してもらい、請求トラブルにならないようにしましょう。

質問への答え方で会社の信頼度もわかると思いますよ。



近頃はスマホを情報源として浮気がバレたというパターンが増加しています。
パソコンのメールや携帯電話の着歴に代わり、現在はスマホのラインのトークやメールなどに浮気の証拠が残っていると考えられます。

わざわざロックしてあったりしたら、不倫の証拠はスマホの中にあると思っていいでしょう。
探偵業者を選ぶなら、事前に評判をチェックすることは欠かせません。

評価が芳しくない探偵では、契約時の説明と全然違う代金を請求してきたり、手抜き調査や報告書作成ミスなども見られます。


定評のある会社を選べば、割高な請求の心配もないでしょうし、不倫調査のような秘匿性の高い仕事も安心して頼めるでしょう。

不倫行為があった場合、慰謝料の支払いを求めることができます。といっても簡単なことではありません。

当事者だけで話しあえば、感情的な理由が根本にあるためか、話がややこしくなりがちです。裁判で決着をつけなければならない場合もあるため、手に負えない気がしたら弁護士に相談して、なるべく円満な解決を目指す方が良いかもしれません。



もしパートナーの浮気が発覚した際は、さしあたっては今後の動向を考えるために気を鎮めるのが先決です。浮気した相手を再び受け入れることができないのであれば、やはり離婚や慰謝料なども勘案しなければいけません。

相手と話し合いの場を設け、お互いにどんな問題があり、これからどうすべきか話をしておきましょう。

どの興信所に依頼したら良いか分からない時は、調査対象となる人が住んでいる地域の会社に依頼するようにしましょう。土地勘がある調査員がいるほうが仕事を有利に進められますし、報告の精度が増します。
調査してもらう内容次第でも得意なこととそうでないこととがありますし、公式サイトや業者に電話確認してみることも大切です。


不倫行為が露見した場合、ただ単に別れるのではなく、慰謝料の発生も考慮しなくてはいけません。

向こうが証拠を押さえていたら、言い逃れはできないです。請求額は概ね、引越代(60万程度)からその10倍くらいまでと千差万別です。

支払いが無理そうなら、支払いの分割化や金額変更を交渉することはできます。

結果、条件変更してもらえた人もいるようですよ。探偵を雇うを雇って配偶者の浮気調査をしてもらうには、そこそこまとまった価格が必要になります。
平均的な調査値段ですが、浮気調査を例にとると、20万円(4万円で5日間)程度はかかるとみておけば間違いありません。価格は依頼内容や調査期間によって変わりますが、たいていの調査であれば、50万から60万円くらいは見ていれば足りるでしょう。探偵を雇う業の存在を知っていても、利用することはほとんどないでしょう。不倫調査を頼みたいと思っても、「ここがいい」なんてアテがないのが当然です。



探偵業務を行うには、所轄の公安に届け出を出し、認可がおりた事業所には許認可番号つきの探偵業届出証明書が交付されます。

正規に開業している業者か、違法な業者かは、届出番号を取得しているかどうかでもわかります。
少なくとも会社のサイトや広告等に番号を明記しているかどうかは確認しておかなければいけません。

探偵を雇うを使い慣れている人っていませんよね。

配偶者の浮気で、興信所で調べてもらおうと考えているなら、ついつい手頃な価格のところを探しがちです。
確かに安さは悪いことではありませんが、安すぎる時は気をつけた方がいいです。



経費を省くため、調査内容がいまいちということがありますからね。


お金を払って依頼するなら、他社と比べてみて、その価格でその業者に任せて大丈旦那(夫)かどうかぐらいは最低限チェックしておかなければなりません。

浮気調査といえども見ず知らずの探偵に簡単に個人情報を開示するのはイヤと思う人はけして少なくありません。



依頼が確定するまでの見積り段階では、個人情報はなくても大丈夫な会社も増えていますから安心してください。
それでも最終的に調査を依頼するときにはどのような会社でも契約が必要です。ある程度の個人情報が知られることは受容していただくことになります。


夫婦2人と子供2人(小1、小3)で旦那(夫)の実家の隣に家を建てて暮らしています。

夫の浮気が判明するまでは普通の家族でした。

しかし先週、夫婦双方の親同席で相談し、離婚が本決まりになりました。育児は私の親のサポートも得られますが、経済的には私が大黒柱となって育てるわけです。

簡単なことではないでしょう。

メンタル的には割り切るなんてこと出来ませんが、離婚問題に詳しい弁護士に相談して間に入ってもらい、彼とその交際相手に対する慰謝料や、養育費の話を進め、最終的に公正証書に仕立ててもらったのです。



昔はどうあれ探偵事務所と興信所を雇うの仕事は変わりがありません。不倫を離婚理由に掲げるつもりなら、確実に浮気した(している)証明というのがなければ立証できず、不満足な結果に終わってしまいます。

自分で証拠を得ようにも相手にバレたらおしまいですし、そっちのプロである興信所を雇うや探偵事務所に依頼すれば、ストレスや時間を最小限に抑えて離婚できるでしょう。



また、不倫相手に慰謝料の支払いを求める際も重宝するはずです。

不倫関係に終止符をうたせるには、明確な浮気の証拠をつかみ、双方に慰謝料の支払いを求めるというのが最も効果的です。一般的に不倫というと、つまみ食いを楽しむ感で、さほど罪悪感を感じていないケースも多いですから、慰謝料請求という現実を見せることで、自分たちがしたことを実感させるのです。配偶者の行動追跡調査で探偵社を利用すると、相手にバレたりしないか心配になりますよね。探偵を雇うというのは相応の技能と経験を持つプロフェッショナルですから、調査対象にばれるようなことは、ほとんどないと思っていいでしょう。また、意外なところでは、調査を依頼したことでクライアントの挙動がいつもと変わった結果、気付かれてしまったという事例もあります。
最低でも調査終了までは、普段と変わらないようにしてください。



尾行で探偵必携の道具というと、以前は発信機でしたが、少し前から衛星を使ったGPSを活用する探偵社が増え、旧型の発信機と比べると明らかに調査対象の追跡性能がアップしました。
近頃のGPSは精度も高くなっていて、地下駐車場など通信困難な場所でない限り、対象の位置の把握は難しいことではありません。GPS を取り付けることができれば追尾の成功率はグンと上がるのです。探偵業者の電話にかかってくる相談の過半数は、不倫関連の調査です。探偵がどんな仕事をしているか、浮気調査の場合で具体的に説明しますね。
一番多い手法としては、まず、調査対象の追尾を行います。依頼者なら相手の行動もある程度予測がつきますから、浮気しそうな日を絞って不貞行為の証拠を入手します。一見簡単そうに見える浮気の追尾調査ですが、対象と近すぎる間柄の人が行うと、尾行発覚のリスクが高いだけでなく、つい感情的になって決定的な証拠を逃してしまう可能性も想定しておかなければいけません。探偵業者でしたら、追尾や浮気の証拠集めに必要なノウハウも機材もあるので、自分や知人などが調査するより確実に浮気の裏付けがとれるのです。


探偵を雇う業者に欠かせない技量というのは、会社の規模によるところも大きいです。フランチャイズで幅広いエリアをカバーしている会社は、最先端の機材や捜査手法の研究に努めており、時代の移り変わりに合わせた改善を繰り返しています。

大手業者は仕事の品質を維持向上させるため、調査にあたるスタッフの教育にも積極的でそうしたところが調査報告書にフィードバックされてくるわけです。浮気をやめた(やめざるを得なかった)理由で最も多く、説得力があるのが、浮気が発覚したからだそうです。



そうはいっても素人にとって、不倫の動かぬ証拠を掴むことは難しく、気分的にも良いものではありません。どうしたって探偵事務所や興信所等に浮気調査を任せるのが効果も高いうえ確実です。


ただ、これは怪しいと気付くのは一番近いところにいる人でなければできないことです。今更なのでぶっちゃけちゃいますが、うちの主人の浮気行為は、一時の気の迷いなんかではなく、まさに芋づる式でした。
それもどうも私と交際しはじめた頃も含めて、浮気相手の数も二人や三人では済まないというから腹がたちます。そこまでいちいち確かめていてもしょうがないのですが、浮気性って言うじゃないですか。それにしてもこんなにも直らないなんてあるんでしょうか。



一度ならず繰り返す彼を許して生活をやりなおす意味がわからなくなったので、離婚という選択肢を選ぼうと思っています。

旦那さんの不倫って奥さんにも原因がある気がします。気をつけるべきなのは、相手を否定しないこととかですね。

私なりにわがままを言ったりすることはありますが、本気の言い合いになりそうなことは(思っていても)言いません。また、相手の収入や仕事をおとしめるような発言も慎むようにしています。一家の主である彼を第一に考え、外見にも気を遣い、女らしいふるまいを心がければ家庭内も円満で浮気される心配もないと考えているのですが、甘いですか?不倫の疑惑があるからといって調査まですることはないと考える人は多いです。
とはいえ不倫は些細なことから始まるので、出会いがない現場だろうと用心すべきです。普段会わない女性のほうが新鮮味を感じますし、浮気に発展しやすいのです。

不審な点があれば、不倫調査をする探偵を雇う社に相談してみれば、不安を募らせることもありませんし、精神的にも負担が少ないと思います。