探偵社の調査員になって5年目ですが、一番多いのは浮気の調査ですね。もちろん、

探偵を雇う費用はいくら※低料金で分割払いにする●●方法

MENU

探偵社の調査員になって5年目ですが、一番多いのは浮気の調査ですね。もちろん、

探偵社の調査員になって5年目ですが、一番多いのは浮気の調査ですね。

 

 

 

もちろん、その証拠を集めるにはカンやコツのようなものもありますが、習熟も不可欠だと思います。
想定外のことがたくさん起きますし、それを即応すべく、「経験に基づいた判断力」が必要です。

 

 

 

なにより、対象人物に浮気調査がバレてしまうことが問題で、クライアントの利益を損なうことに繋がるため、徹底的に注意を重ねるのは常識です。
対象者になった経験のある人の追跡は、さらに注意が必要です。

 

個人情報保護という考え方が浸透してきたせいか、いくら浮気の調査でも、尾行や聞き込みなどの調査によって得た情報を第三者(依頼主)に報告する調査業自体、違法なのではと不安に思う人も少なくありません。現行の探偵業者は「探偵業法」の範囲内で業務を行っているので、その点では極めて安全です。

 

 

法律自体は平成19年6月に施行されましたが、それまでは探偵業者の業務や契約に関する全国的な法規制がなかったために、業者の違法行為による被害を未然に防ぐべく定められました。浮気調査等で探偵に支払う額は、内容によって異なります。ごく一部の業者とはいえ、異例とも言える高額な請求を行っている会社もあるようです。調査の質の高さと価格の高さはイコールかというと、実のところ非常に微妙です。

 

高額な料金を請求しておきながら、決定的な不倫の証拠をゲットすることができなかったなどということにならないために、あらかじめ標準的な費用について知っておくと良いでしょう。近頃ではスマホが元で浮気が明るみに出たという事例も増えています。

 

 

 

過去にはPCメールが証拠となりましたが、いまはスマホのフリーメールを含むメールやLINE履歴に配偶者(夫・妻)の浮気の一部、ないし全てが秘匿されていると考えられます。いつも手元においていたり、ロックして見せてくれない時は、浮気の可能性はほとんどクロに近いグレーと思われます。

 

 

警戒心もあるため一筋縄ではいかないでしょう。

 

初めて探偵社に相談するときは、抵抗感があるという人は少なくありません。

 

 

 

相談時に本名を告げるのが怖いというのであれば、実名を伏せた相談に対応している事業者も存在します。まずそのサービスを利用して話を聞いてもらい、良さそうな事業者であれば、あらためて個人情報を伝えるようにするといいでしょう。探偵業者と一口に言っても、中には悪質でいい加減なところもあるのが現実です。

 

依頼しても良いかどうか評判も見て、信用できそうな会社を選ぶことが大切です。また、不倫の追跡調査等でも、短時間で済む場合もあれば、その逆もあります。調査費用、所要期間(時間)等については、わかるまでよく説明してもらった上で依頼しましょう。不倫関係を精算したきっかけでやはり一番多い答えは、浮気が発覚したからだそうです。そうはいっても素人にとって、不倫の動かぬ証拠を掴むことはそう簡単なことではありません。結局のところ、その道のプロである探偵に怪しい点を探ってもらうのが効果も高いうえ確実です。しかし、浮気の気配を感じ取るまでは、やはり自分以外にその役目を果たすものはありません。

 

かつては安値で探偵を引き受ける業者は劣悪という印象でした。

 

 

 

多少仕事がアバウトだって、新規の依頼人には分かりませんから、無理もないです。現在はネットが普及して、まともな会社かそうでないかはクチコミ評価などを見て判断することができます。

 

 

 

値段の安さだけに釣られると失敗しがちですが、高額なのにそれに見合っていない業者に浮気調査を依頼してもバカを見るだけですから、品質と料金が釣り合ったところを見つけ出すしかないのです。里帰りや同窓会など、再会のシーズンは要注意。既婚者同士の恋愛に発展することも大いにありえます。

 

憧れの人と話がはずんでしまったり、同じ学校で席を並べていたという気易さから異性であることをあまり意識しないため、気持ちが通じやすくなるのです。

 

同窓会出席を契機に、配偶者(夫・妻)の挙動に不審を感じたら、浮気を疑ったほうがいいでしょう。

 

 

探偵業者が不倫や素行調査を行う際は、小説やドラマなどに出てくる探偵や刑事みたいな手段で対象を調べることだってあるのです。相手の尾行はお手のものですし、張り込みもします。

 

対象の行動半径や関係者を洗い出し、場合によっては周囲に聞き込みなどもするため、常識的かつ謙虚な態度も必須です。

 

また、社外秘ということでクライアントでさえ知ることができない調査方法もあるのは事実です。

 

探偵を雇って浮気調査をしてもらうとき、その代金は依頼者にとって、非常に重要な問題だと思います。無料で相談を行うところも最近は多くなってきて、料金面での不安はなくなりました。悪どい商法や詐欺まがいの会社にひっかかる懸念があるなら、むこうの事務所の代わりに、人の出入りが多いファミレスやカフェで相談すると良いのではないでしょうか。意図しない契約を結ばされるといったトラブルを避けることができます。調査会社が探偵業務で使用する道具というと、過去には無線発信機というものをよく使いましたが、近年は精度の高くなったGPSに取って代わり、旧発信機の時代に比べるとターゲットを見失う危険性が減りました。

 

昔と違って今のGPSは精度がだいぶ高くなっていて、大規模な立体駐車場やガレージ等に入り込まなければ、追尾対象の場所の把握は簡単にできるようになっています。

 

 

そんなGPSを設置できれば、追跡調査の確実性は著しく増すのです。

 

総合探偵・興信所の仕事と聞いて、誰かの後をつける尾行を連想する人は多いです。対象にそれと悟られないよう行動を見守り、依頼人の求める証拠を見つける調査です。悟られることがまずないとはいえ、調査員は対象の動きを予測しておかなければなりません。予想外や不意の事態に素早く的確な対処をするのが、この仕事なのです。
同じような浮気調査でも、その代金は探偵社次第で結構な違いがあるようです。

 

 

 

最初に連絡をとった会社に依頼する人が多いですが、ちょっと手間でも何社かに見積りしてもらうほうが納得がいく契約ができるでしょう。それから、調査対象者となる人の交友関係や行き先などについて、データとして用意するか、メモなどで整理しておくと、効率良く調査できるので、調査費用が安くつくことは言うまでもありません。

 

結婚相手や婚約者の不倫に気づいた女性が調査のために探偵を雇うというシーンって、ドラマでも誰でも見かけたことがあるのではないでしょうか。物語に登場する探偵の仕事は視聴者にも「想定の範疇」なので、なんだか簡単にできてしまいそうに思えます。でも、実際には、相手(関係者含む)が疑わないよう尾行し、写真などの証拠を得るのは、難易度の高いワザです。

 

調べていることが向こうに分かってしまっては元も子もありませんから、最初から探偵に任せたほうが、依頼者にとっても安全です。

 

探偵業者に調査を依頼する場合、だいたいの相場というものを知らないと、普通の請求を見て驚いてしまうことでしょう。時間単価1万円以上、つまり2時間2万円以上と計算しておくと妥当だと思います。

 

 

 

たとえば追跡調査の時間数や日数を増やしたりすると、依頼者の費用負担は増加するため、自分が払ってもよい上限値というのを定めておくといいでしょう。

 

近年SNSの利用者が急増しているせいか、便利に使いすぎて浮気がばれてしまった場合も増えているのです。

 

 

配偶者がスマホを片時も離さずSNSを更新していたら、日常的に浮気相手と接触を持っていると考えてもおかしくはないでしょう。

 

 

SNSに関わる相手の態度というのは、浮気の有無を見出すきっかけとも言えます。普通の仕事への対価と比べると、探偵業者に不倫の証拠押さえを依頼する代金というのは、高いように思う人が多いようです。

 

 

割安だからと安易に業者を頼んだものの、浮気調査の成果そのものが得られなかったり、追加料金が発生しては、お金をドブに捨てるようなものです。

 

大事なのは調査の能力の高さですが、調査料が高額であるほど絶対的に素晴らしい調査能力を有しているかは判断に迷うところです。「一番は君だけだ」なんて、あとから幾ら言ったところで、自らがした不倫の償いは、けして安くはありません。
とはいえ浮気された側がどういう態度に出るかで変わってくるとは思いますが、家庭が滅茶苦茶になったり、慰藉料を請求されることだってあります。

 

 

 

軽い気持ちで始めても、浮気がバレた時点で、金銭的にも社会的にも代償を支払い、今後の生活を送ることになります。

 

 

 

配偶者(夫・妻)が浮気をしている気配があって初めて探偵業者を利用しようというときは、ついつい手頃な価格のところを探しがちです。とはいえ、安すぎるところは安易に契約を結ぶべきではありません。
経費を省くため、調査内容がいまいちというパターンもあるわけですから、これから依頼するのであれば、他社と比べてみて、その価格でその業者に任せて大丈夫かどうかは、あらかじめ確認しておくべきです。

 

浮気があったがために別れる際の条件で揉めに揉めてしまい、ついに家庭裁判所のお世話になる場合もあります。家事調停委員が加わり、第三者がいる場所で公平に意見を出し合う機会が設けられるため、当人同士や親戚内で話し合うよりも解決に向けて進展しやすいため、精神的な疲労もそれだけ軽減されます。

 

あまり怖がる必要はないでしょう。以前も旦那は浮気していたのですが、再びそんな素振りがあったので、探偵を頼もうとウェブで調べたところ、けっこう業者さんって多いんですね。

 

 

3社ほど問合せして、一番感じが良かった探偵会社に依頼しました。
わかってて依頼したものの、証拠を見てしまうと、がっくりきました。

 

 

調査費用の支払いは、探偵社の場合は現金オンリーかというと、最近は結構多様化してきていて、全国展開している大手などでは支払いはクレジットカードでもOKです。

 

明細書の記載に配慮した業者も少なくないですから、調査会社を使ったことが配偶者に知られることもありません。

 

カード払いを導入するには条件を整えなければなりませんし、信頼度のちょっとした目安にもなると思いますよ。
探偵は調査が終わると調査報告書を作成しますが、特にフォームに決まりはありません。

 

それならみんな同じかというと、裁判や調停といった場での利用を考えているなら、証拠書類として認められるよう、信頼できるデータに基づいた調査報告書である必要があります。そこまで考えていない人でも、これからどうするかを想像して、業者を選定するのをお勧めします。
法的な判断材料となる不倫の証拠がければ、離婚や慰謝料請求の訴えを行っても苦戦を強いられるでしょう。配偶者(夫・妻)の不倫行為が立証できなければ、裁判で不倫そのものが否定されることがあるからです。
そんなときこそ決定的な証拠を見せてやる必要があります。

 

 

 

証拠がなければ慰謝料も出ませんし、勘違いで離婚なんていうのは本意ではないはず。

 

 

だからこそ、調査で証拠を確保しておくことは大事です。
やられた方にとっては堪ったものではないですが、浮気はぶり返してしまう始末の悪いもののようです。
浮気現場を押さえられて、反省の態度は見せるのですが、舌の根も乾かぬうちに浮気を再開するかもしれないのです。

 

 

 

言動から怪しさを感じ取るようなことがあれば、探偵を雇って行動調査をしてもらって、不倫相手との交際がはっきりわかるような証拠を握って、決着をつけるべきです。探偵業者に回ってくる依頼の多くは浮気調査です。不審な行動があるので、とりあえず不倫の有無だけ知りたいという依頼から、離婚や離婚裁判で使える証拠をかためてくれというものまで、目的をはっきりさせれば、いくらでもそれに応じてくれるはずです。とくに浮気対象に慰謝料の支払いを要求する際は、明確な証拠を得る必要があるので、やはりプロの探偵に依頼するのが最良の選択だと思います。

 

 

気が付かずに使っている方も多いですが、不倫と浮気はちょっとした違いがあります。
いわゆる不倫というのは、男女双方か片方に配偶者がいることが絶対条件で、婚姻関係にあるのに他者と体の関係を持つことを指します。ですから不倫の場合、相手にも配偶者にも慰謝料の支払いを申し立てることができます。総合探偵・興信所に調査を依頼し、浮気の確かな証拠を入手し、多額の賠償を請求することによって現実を見せ、きっぱりと別れさせるような利用法も少なくないです。
不倫を疑って、プロに素行調査を頼もうと思ったら、妥当な価格というものを知っておいて損はないでしょう。
不安感を煽って高額な契約を押し付ける悪質なところも存在するからです。それに、一律料金や割安料金で安心感を与え、規定外作業や割増時給だの、多数のオプションが付加されることもあるため、追加料金の発生条件等も、確認しておかなければいけません。探偵の看板を掲げるには特に資格や免許などは不要です。ただし、2007年に施行された探偵業法にのっとって、探偵の業務を開始する「前日」までに警察署に行き、届出書を公安委員会に提出したあと、「探偵業届出証明書」の発行を受けて、認可を受けることが大原則です。
安全のためには無認可の探偵社は選ばないことです。