探偵社で浮気調査をしてもらった際、あとから別途、代金を請求される

探偵を雇う費用はいくら※低料金で分割払いにする●●方法

MENU

探偵社で浮気調査をしてもらった際、あとから別途、代金を請求される

探偵社で浮気調査をしてもらった際、あとから別途、代金を請求されるというケースがあるようです。契約書を見てみると、まともな会社であれば、追加値段について書かれています。このことからも、契約書をよく確認しておかなければいけません。


また、不明なことがあるのなら、きちんと契約前に確認しておくのも重要ではないでしょうか。知らない会社に行っていきなり相談するのは、いくら探偵社といっても勇気が要るものです。
相談時に本名を告げるのが怖いというのであれば、実名を伏せた相談に対応している探偵業者も最近は増えましたから、そういったシステムを利用し、信用のおける業者であることがわかってきたら、個人情報を明かすこともできるのです。最近はデジタル技術が発達したので、GPS機能を使えば、浮気が懸念される人の位置情報を容易に把握できるようになりました。

調べたい相手にGPS搭載のスマホを持たせることができれば、誰でも簡単に、かなりの精度で今いる位置が判断できます。

それで罰則があるというわけでもありませんし、探偵等を使わず自分だけで不倫の有無を調べたいときには、これを使ってみるのも手ですね。
探偵社には個人情報を伝えなければ、浮気調査をしてもらうことは正直ムリですので、信頼性の高い会社でなければなりません。


安いからと、アルバイト調査員がいるような会社に依頼したら、バイト気分とバイトレベルの調査能力のせいで意図しないトラブルを招くおそれがあります。後悔しないために、あらかじめ情報集めをして、誠実そうなところを選ぶことです。

離婚すると、たとえ実の親子でも不倫なんかしていると子の親権を奪われやすいと誤解されがちです。
道義的には分かるだけに無理もないのですが、本当のところは違います。


基本的に親権というのは、日常生活を共に送れているかやどれくらい育児に関心を持ち、かかわっていたかなどを考慮します。つまり、子供の生育に適した環境かを重視して判定するのです。

パートナーに浮気され裏切られた人のメンタルケアを行う相談員がいるのをご存知でしょうか。
専門家の手を借りて不安やマイナスの感情を取り去りながら、回復へ向かって少しずつ歩んでいきましょう。

最も身近な人物に欺かれていたために、相手と別れても他人を信用できなくなったり、自分の人生なのにポジティブになれないといったケースもあります。


離婚なんかしない、やりなおしたいだけという時も、利害の絡まない相談者がいたほうが、うまくいくことが多いです。
興信所や探偵社に不倫の調査を依頼するなら、最終的に何を目的にしていて、どうしたいかをあきらかにしておくことが大事です。


たとえば、パートナーの不倫に歯止めをかければ済むのか、離婚裁判を念頭に置いた不倫の証拠収集が目的なのかをあきらかにしておかなければなりません。

依頼の内容次第では調査方法や裏付けのとりかたなどが変わってくるので、あらかじめ明確にしておきましょう。


浮気に走るきっかけというのは主に、単調な結婚生活が嫌だったということに集約できるようです。
異性として恋愛対象になるという気持ちの高まりが浮気へと走らせるようです。
浮気を未然に防止するために、忙しくても時間を設けて、双方が何が不満なのかを話し合う姿勢が必要ではないでしょうか。

たとえ浮気といっても不貞行為ではありますから、相手の配偶者パートナーがきちんと勉強している人の場合、内容証明郵便で慰謝料請求を送付してくること事体、ありえないことではありません。
普通、慰謝料で請求される金額は、向こうが離婚したかどうかで相応の差が出てきます。

離婚「しそうになった」からといって一般的ではない多額の慰謝料を要求された際は、すぐ返事をせず、弁護士に相談するほうが良いでしょう。想像がつくかもしれませんが、探偵業で依頼される調査のほぼ8割は、浮気の追跡調査です。そんな仕事を例に、プロの仕事をご説明しましょう。

一般的な浮気調査では、依頼者から得た情報を元に対象の追跡を行います。

何日も調査しても経費がかさむだけですから、ここぞという日時に限定して追跡し、不倫の証拠写真を撮影したりします。
不倫の行動調査を探偵に依頼した際、ときどき、請求トラブルに発展することがあります。というのは、最初に出してもらった金額のほかに「別料金」「経費」が加算されたり、あわてて契約の解除をしようにも、違約金として一定額を支払わなければいけなくなったりします。

こうしたことを避けるために、依頼前によく確認するのは不可欠なのではないでしょうか。値段体系や説明の仕方などでひっかかることがあれば、別の事務所をあたることだってできるのです。ダブル不倫の場合、交際解消の一因となるのは、配偶者から「子供がほしい」と言われたことが意外に多いです。

裏切っていることに対してあらためて申し訳ないという気持ちが生じたり、不倫相手も家庭があるのだと思うと、ふいに辟易するのです。
それと例えば、転勤とか家族都合で会う時間がとりにくくなったりすると、やましい気持ちもあってか、精算したいという気持ちになるようです。

前からなんとなく不倫の兆候があったんですよね。



確証が欲しくて、ウェブで探偵業者について調べてみたら、比較サイトや公式サイトがたくさん見つかりました。3社ほど問合せして、もっとも相談員さんの対応が良かった探偵会社に調査してもらいました。しばらくして報告書を受け取ったのですが、証拠写真は私が見て充分判別がつくほどでしたし、あれには頭の奥がスーッと冷えました。どの興信所に依頼したら良いか分からない時は、地域性を尊重するのは良いことです。



たとえば探索相手の家や勤務地と同じ地域にある探偵を雇うに限定すれば探偵の数も絞れます。細かな土地勘があればあるほど、調査に有利ですし、克明な報告を得ることができるでしょう。それと、依頼内容次第では得意、不得意の差が出ることですから、先にウェブで情報収集しておき、代表電話などで相談してみるのがいいでしょう。
探偵業といえど競争があるのは事実で、格安価格を売り物にしたり、一律価格を謳う会社が増加する傾向にあります。

ただ、状況に応じて追加値段が必要な例もあって、必ずしも低価格で安いであるとは限らないため、正式に契約してしまう前に調査内容や値段の詳細を説明してもらい、あとで後悔することがないよう注意しましょう。


パートナーの挙動がおかしく、不倫が疑われるときは、確固たる証拠を見つけると良いでしょう。
浮気の証拠としてもっとも有効性が高いのは、「誰が見てもわかる」写真などでしょう。
シロウトが相手に警戒されないよう尾行して浮気現場をつきとめたり、慰謝料請求や裁判に使える証拠をゲットするのは相手に発覚するおそれもありますから、探偵を雇うなどのプロのワザも考えておくと良さそうです。

過去には安い探偵というのは使い物にならないと言われていた時期もあります。
多少仕事がアバウトだって、新規の依頼人には分かりませんから、無理もないです。
近頃はネットユーザーが格段に増えましたから、きちんと仕事をしてくれる探偵業者なのかどうかはブログや掲示板などを見ればかなり詳細に分かるようになりました。

安すぎる業者を選んで失敗する例もある一方、ただ高いだけのところをわざわざ使うような無駄も避けたいものです。質と価格のバランスが良い業者を見つける手間を惜しまないことが大切です。



近年SNSの利用者が急増しているせいか、便利に使いすぎて浮気がばれてしまったケースが増えています。常にスマホを気にしたり、SNSをたびたび更新していたら、日常的に浮気相手と接触を持っていることも考えられます。SNSに関わる相手の態度というのは、浮気に気付く材料にもなりえます。



探偵業者に依頼する際に無視してはならないのは、値段でしょう。コストテーブルがあるとはいえ、依頼内容によって変動してきます。行動調査(不倫など)の場合でしたら、1時間前後の調査を依頼したときの中央値は、3万円以下、2万円以上です。



相場を知ったところで結局はオーダーメイドですから、業者に相談して見積りをとるのが一番早い方法だと思います。浮気している人の嘘ってけっこうわかるんですよ。
それには単刀直入に質問してみるといいのです。


大抵の人間はウソをつくとき、必要以上に堂々とするものですし、見ればわかるというものです。


短い質問なら簡単に答えれば良いのに、ズラズラと話しすぎるのも怪しいです。後ろめたいことを隠しているときは、沈黙を埋めるように、よく話しますからね。



目を合わせて話をしていると、やたらと目線を泳がすのでも分かります。一般的に不倫の証拠に使える写真というと、ふたり連れ立ってラブホテルから出てくる場面でしょう。もちろんシロウトでも撮影はできますが、よほど高性能なレンズでない限り不鮮明になるケースが非常に多いです。



証拠として認められる品質のものを得たいなら、そういった仕事に長けている探偵を利用したほうが賢明でしょう。
人妻って浮気しないものだと思っていたのですが、先日同級生と久々に会ったら、ちょっと前に妻の浮気が判明したので、相手を訴えてやると思っているみたいです。ただ、裁判となれば訴訟価格なしにはできないでしょうし、ならいっそ、ちゃんと浮気の証拠を押さえて慰謝料を払わせ、今後の接触を禁じるのも一計ではないかと提案してみました。


主人が帰宅後や休日に携帯でよく誰かとメールするようになったので、ついに浮気されちゃったのかと、ショックを受けました。相手が誰なのか無性に知りたくて(全然知らない人の可能性もありますが)ケータイチェックを試みたものの、こともあろうにしっかりロックされていて、何も得ることができませんでした。
泥沼は嫌なので、これは探偵業者に調査してもらうべきかと思いましたが、主婦の財布には痛い出費です。実家に話して借りるかと思いつつ、いまだに踏ん切りがつきません。探偵を雇うを頼むなら、能力の高いところに依頼したいものです。どんなところが高い技量を持つかというと、企業としての大きさが一応の目安にはなると思います。広いエリアで加盟会社や協力会社を持つ大手の探偵社なら、機材や調査手法の刷新に余念がなく、他社より一歩も二歩もリードしているという良さがあります。


一般的に大手の会社というのは、相談員や調査員の指導育成が徹底しており、そういう点が調査成果や報告書の精度に大きく影響してくるのではないでしょうか。探偵を雇う業者に回ってくる依頼の多くは浮気の行動調査ではないでしょうか。ちょっと気にかかることがあるから、とりあえず不倫の有無だけ知りたいという依頼から、ガッチリ証拠をつかんで欲しい(離婚するから)など、目的をはっきりさせれば、いくらでもそれに応じてくれるはずです。
とくに浮気対象に慰謝料の支払いを要求する際は、証拠の精確さが大事ですから、その道のプロを利用するのが良いでしょう。


完全に配偶者の浮気をやめさせ、相手と手を切らせる方法としては、浮気の証拠をしっかり掴んで、それを元に慰謝料請求するのが有効です。
一般的に不倫というと、つまみ食いを楽しむ感で、後先のことまで考えが及んでいないという実態もあります。

配偶者パートナーとして正当な慰謝料を請求することで、事態の深刻さを自覚させることができるでしょう。たちの悪い興信所を雇うにあたってしまうと、大事なお金を棄てるようなことになりかねません。
営業所に話をしにいった際、契約を急いだり、相談者に心理的な重圧をかけてくるところは要注意です。



相談後、やたらと電話で勧誘してくるのは悪質な業者の常套手段といえるでしょう。

しっかりした探偵社なら、まず行わないようなことでも平気でしてくるのです。

配偶者に浮気の疑いがあるのなら、なにがなんでも探偵を頼むのではなく、事前相談といった形で無料で話をきいてくれるところを利用すると安心で良いでしょう。浮気問題だけでも不信や不安でいっぱいなのに、今まで利用したこともない業者に調査を頼むなんていうのは、どうしたって不安なものです。安心のために探偵を雇うを雇うのですから、とりあえず無料で相談し、信頼しても良さそうだと思ったら依頼するのです。

探偵社に不倫調査を依頼する際、重要な個人情報を晒すのは気が引けると思うのはよくあることです。


初回相談(見積り)までは個人情報は伏せていただいて構わないという業者さんも増えていますから安心してください。

しかし、いざ依頼するとなると契約書を交わすことになりますから、必要最低限の個人情報の提供は避けることができません。


もしパートナーの浮気が発覚した際は、とりあえず対応を考えるために気を鎮めることが大事です。
いまさら夫婦関係を続けていくことに抵抗があれば、離婚だの慰謝料という問題も考えなければなりません。


面倒でも双方で会う時間を作り、お互いにどんな問題があり、これからどうすべきか考えていくようにしましょう。