眼精疲労・老眼・目の悩みを改善!サプリメント、グッズ、アイケア対策を実際に試してみました。

目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策

目のサプリメント

目のかすみサプリ※効果と成分について|老眼・頭痛にお悩みの方へ

投稿日:

目のかすみサプリメントに効果と成分について。

かすみ目がひどいと、頭痛、肩こりも起こる場合もあります。

老眼による目のピント調整機能が低下している可能性も。

その解決策とは?

原因は

視界がぼやけて見えることを、かすみ目と呼んでいます。主な原因としては、目のピント調整機能の低下が考えられます。また目の網膜などに十分な栄養が行き渡らなかったり、スマートフォンやパソコンを使い過ぎたりして、目を酷使していると、目の働きが悪くなります。その他、コンタクトレンズ使用時のドライアイや、加齢に伴う白内障や緑内障、さらにぶどう膜炎などの病気によって、視野がかすむ場合もあります。また老眼は、ピント調節機能の低下による症状ですが、目に必要な栄養素が足りないと、症状が悪化するため、注意が必要です。"

かすみ目に必要な成分

かすみ目に有効な成分は、アントシアニンやルテインです。ブルーベリーやビルベリーに含まれている成分で、目のピント調整機能を改善します。また活性酸素を除去する抗酸化力を持っているため、エイジングケア効果や老眼の予防なども期待できます。特に視力回復や眼精疲労の緩和に役立ち、即効性もあるのが特徴です。具体的には、網膜にあるロドプシンの再合成をスピーディに促進します。そのため早い場合は、摂取後4時間前後で、目の疲れが改善されます。しかし効果の持続時間が短く、1日経てば消失するため、毎日必要量を続けて摂取する必要があります。

目のピント調整とは

目のピント調整とは、物を見る場合に、水晶体の厚さを自動的に調節することを意味しています。水晶体には、毛様体筋という筋肉がついており、遠くを見る時はこの筋肉が緩みます。すると水晶体が薄くなって、ピントが合います。また近くの物を見る場合は、毛様体筋が収縮し、水晶体の厚さを増やして近くにピントを合わせます。スマートフォンの画面などの近くを長時間見つめていると、毛様体筋が収縮する時間が長くなり、筋肉が疲労します。さらに毛様体筋が緩みにくくなり、その結果、遠くの物体にピントを合わせることが難しくなります。

かすみ目で人気のサプリ

かすみ目で人気のサプリはいくつかありますが、多くの人に好評なのがライザップ「アイジャスト」です。有効成分として、ピント調節機能をサポートするアスタキサンチンが配合されています。アスタキサンチンの摂取目安量は約6㎎ですが、紅鮭でおよそ200g、イクラで600g程度食べないと、6mgになりません。その点、サプリメントなら1粒で1日の目安量を補うことができます。またファンケル「えんきん」には、ルテインやアスタキサンチン、さらにシアニジン-3-グルコシドという有効成分が入っており、目のピント調整機能を改善します。またさくらの森「めなり」なども、かすみ目サプリとして高い評価を得ています。

かすみ目が原因で、頭痛・肩こり・吐き気も

かすみ目が原因で、肩こりや吐き気、頭痛などのなどの症状が起こる医ケースもあります。目を酷使すると、特に自律神経の働きが悪くなるため、このような身体症状が現れます。全身の疲労倦怠感が強い場合は、まずは休憩や睡眠を十分取ることが大切です。さらに目の筋肉疲労によって、まぶたが痙攣することもあります。その他、メガネやコンタクトが合っていない場合にも、眼精疲労とともに身体症状が現れるため、注意が必要です。特に前屈みの姿勢で目を長時間使い過ぎると、ストレスが溜まり、自律神経の乱れによる様々な身体症状が現れます。

-目のサプリメント
-, ,

Copyright© 目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.