眼精疲労・老眼・目の悩みを改善!サプリメント、グッズ、アイケア対策を実際に試してみました。

目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策

目のサプリメント

目のかすみサプリ※効果と成分【頭痛・視力低下】にお悩みの方へ

更新日:

目のかすみサプリメントに効果と成分について。

かすみ目がひどいと、頭痛、肩こりも起こる場合もあります。

老眼による目のピント調整機能が低下している可能性も。

その解決策とは?

 

かすみ目に必要な成分

かすみ目に有効な成分は、アントシアニンやルテインです。

ブルーベリーやビルベリーに含まれている成分で、目のピント調整機能を改善します。

また活性酸素を除去する抗酸化力を持っているため、エイジングケア効果や老眼の予防なども期待できます。

特に視力回復や眼精疲労の緩和に役立ち、即効性もあるのが特徴です。

具体的には、網膜にあるロドプシンの再合成をスピーディに促進します。

そのため早い場合は、摂取後4時間前後で、目の疲れが改善されます。

しかし効果の持続時間が短く、1日経てば消失するため、毎日必要量を続けて摂取する必要があります。

 

かすみ目で人気のサプリ

かすみ目で人気のサプリはいくつかありますが、多くの人に好評なのがライザップ「アイジャスト」です。

 

ライザップ「アイジャスト」

有効成分として、ピント調節機能をサポートするアスタキサンチンが配合されています。

アスタキサンチンの摂取目安量は約6㎎ですが、

紅鮭でおよそ200g、イクラで600g程度食べないと、6mgになりません。

 

その点、サプリメントなら1粒で1日の目安量を補うことができます。

ファンケル「えんきん」

ファンケル「えんきん」はルテインやアスタキサンチン、さらにシアニジン-3-グルコシドという有効成分が入っており、

目のピント調整機能を改善します。

さくらの森「めなり」

またさくらの森「めなり」なども、かすみ目サプリとして高い評価を得ています。

 

目のピント調整とは

目のピント調整とは、物を見る場合に、

水晶体の厚さを自動的に調節することを意味しています。

 

水晶体には、毛様体筋という筋肉がついており、遠くを見る時はこの筋肉が緩みます。

すると水晶体が薄くなって、ピントが合います。

 

また近くの物を見る場合は、毛様体筋が収縮し、

水晶体の厚さを増やして近くにピントを合わせます。

 

スマートフォンの画面などの近くを長時間見つめていると、

毛様体筋が収縮する時間が長くなり、筋肉が疲労します。

さらに毛様体筋が緩みにくくなり、その結果、遠くの物体にピントを合わせることが難しくなります。

かすみ目の原因

視界がぼやけて見えることを、かすみ目と呼んでいます。

主な原因としては、目のピント調整機能の低下が考えられます。

また目の網膜などに十分な栄養が行き渡らなかったり、スマートフォンやパソコンを使い過ぎたりして、

目を酷使していると、目の働きが悪くなります。

その他、コンタクトレンズ使用時のドライアイや、加齢に伴う白内障や緑内障、

さらにぶどう膜炎などの病気によって、視野がかすむ場合もあります。

また老眼は、ピント調節機能の低下による症状ですが、

目に必要な栄養素が足りないと、症状が悪化するため、注意が必要です。

 

コンタクトが原因のケースも

普段からメガネではなくコンタクトレンズを使用している場合も、目のかすむ原因になることがあります。

度が合っていない場合には、目が疲れやすくなるためその影響が出る場合があります。

 

それ以外にも長時間、使用している場合やコンタクトレンズ自体の乾燥、

汚れなどさまざま原因で目に対して負担をかけてしまうのは、目がかすむ、視力低下などにつながります。

基本的に目にあまり負担をかけないようにすることや角膜などを傷つけないようにすることが重要です。

 

長時間の使用を控えることや状況によってはメガネを使用するように心がけていくなど、

生活の中でうまく工夫してできるだけ目に対して負担をかけないようにすることが大切なポイントです。

目のかすみが原因で視力低下に

普段から、仕事や私生活で目を酷使するという方は、

目のかすみなどで物がよく見えないぼやけて見えるなど、

はっきり見えないことで悩んでいる場合があります。

 

長時間、パソコンやスマートフォンなど画面を見て作業している場合など目の使いすぎが原因になるケースや睡眠がしっかりと取れていない、

 

食生活が乱れているため、目に必要な栄養がきちんと取れていない状況は、目のかすみ、視力低下の原因になります。

 

一度、自分の生活状況を振り返り、目に負担をかけすぎていないか、

視力が低下につながる生活習慣や食生活をしていないかチェックして生活状況を改善していくことが重要です。

 

症状を悪化させないためにも視力低下を防ぐために改善点をみつけていきましょう。

頭痛・肩こり・吐き気も

かすみ目が原因で、肩こりや吐き気、頭痛などのなどの症状が起こる医ケースもあります。

目を酷使すると、特に自律神経の働きが悪くなるため、このような身体症状が現れます。

全身の疲労倦怠感が強い場合は、まずは休憩や睡眠を十分取ることが大切です。

さらに目の筋肉疲労によって、まぶたが痙攣することもあります。

その他、メガネやコンタクトが合っていない場合にも、眼精疲労とともに身体症状が現れるため、注意が必要です。

特に前屈みの姿勢で目を長時間使い過ぎると、ストレスが溜まり、自律神経の乱れによる様々な身体症状が現れます。

目やにが多い症状

目のかすみ、目やにが多い症状になる原因として、

花粉症などのアレルギーによる症状やウィルスによる症状などが挙げられます。

 

花粉症は季節によって飛んでくる花粉に違いがあり、

自身のアレルギーを起こす花粉が飛ぶ時期によって、目やになどの症状がでやすくなります。

 

症状が出た場合でもあまり目をこすらずに目薬を使用して対処するか

花粉症対策用のメガネなど使用してみることで症状をできるだけ抑えるようにしましょう。

 

ウィルスなどが原因の場合には、医療機関で治療を受けることも対策の一つです。

また、不用意に汚れた手で直接目をこすらないように注意しましょう。

片方だけの目に症状が出ている場合でもウィルスが付着した手で

もう片方の目もウィルスを感染させてしまう可能性があるため注意が必要です。

 

目のかすみに効くツボ・マッサージ

目のかすみに対してマッサージなどで対策をするというのも、有効な手段です。

疲れ目対策となり目の周辺の筋肉のこりを適度にほぐすことで目の周辺に関して血流の改善につながります。

●こめかみの部分を軽くマッサージをして筋肉の緊張を取り除いていく

●左右にある眉の最も内側にあるツボを刺激してみる

●左右の瞳の中心から下の位置にあるツボ、骨の部分の縁にくぼみがありその部分を指で軽く刺激してみる

 

など適度に刺激を与えることで、症状の改善をしていくことも対策となるでしょう。

目のかすみは、症状が悪化してしまうと生活に支障がでる場合もあります。

できるだけ症状が改善するように、自分なりに対策を日々、心がけていくことが大切です。

 

目薬はどれくらい効果ある?

かすみ目に対して対策をする場合には、市販されている目薬を使用してみることも大切です。

何も対処せずにいても状態が改善されることはないため、

少しでも目のかすみを改善するために対策をしていくことが重要といえるでしょう。

市販されている目薬の効果として、

ピント調節機能に働きかける成分によって物などを見た場合に目がかすむ状態をある程度改善することができます。

 

疲労が溜まっている状態や一定距離を見続ける状態が続く作業などを仕事や私生活においてしている場合には、

目がかすみやすい傾向もありますが、ピント調節機能に働きかける成分により、

物に対してピントが合いやすくなるため症状の改善につながります。

 

根本的に生活状況を改善していくことも重要ですが、

かすみ目対策としてピント調節機能の低下に対してサポートしていくことも大切です。

-目のサプリメント
-, ,

Copyright© 目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.