眼精疲労・老眼・目の悩みを改善!サプリメント、グッズ、アイケア対策を実際に試してみました。

目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策

眼精疲労

眼精疲労で最強の目薬や医薬品はあるの?噂の最強グッズとは

投稿日:

眼精疲労で「最強」の目薬や医薬品はあるのでしょうか?

もちろん、口コミや噂の範囲でありますが、最強と呼ばれるものがあれば知りたいもの。

詳しく、調べてみました。

眼精疲労の目薬で最強なのは?

生活をしている中で気がつかないうちに目を酷使していることがあります。テレビをみたり、パソコンで仕事をしたり、スマートフォンでゲームをするなど常に目は酷使している状態です。眼精疲労を感じる場合、最強に効果が期待できる目薬を使いたいと思うものです。眼科で処方されたものでも良いのですが、市販されているものでは、赤色のタイプや黄色のタイプを選ぶと良いです。赤色のものはビタミンB12が配合され遠近調整を行なう目の筋肉の働きを活発にして末しょう神経に作用するため目の疲れを和らげます。黄色のものは活性型ビタミンB2で、栄養素の代謝に関与して細胞組織の代謝を活発にして修復を促します。

眼精疲労の薬で市販で最強なのは?

眼精疲労には目薬を考えがちですが、薬も効果的です。市販薬で最強なのはアリナミンです。これにはビタミンB1、B6、B12、E、葉酸など6種類の有効成分が配合されていて、特にビタミン類は疲れ目のケアに必要な栄養素で、B1、B2,B6,B12のビタミンB群は特に重要なものです。他にもキューピーコーワIも目の疲れに効果的で、疲れ目を回復する成分としてビタミンB1誘導体やカリウム、ビタミンE,ビタミンB12などが含まれていています。どちらも歴史のある薬で、ドラッグストアなどではそれぞれが各種並んでディスプレイされています。

体質、症状の個人差があります

眼精疲労といっても体質や症状などは個人差があるものです。原因になるものも近視や乱視、老眼などで眼鏡やコンタクトレンズの矯正があっていない場合や目の表面が何かの原因によって乾燥するドライアイ、眼圧が高くなって視野が狭くなる病気の緑内障、水晶体が混濁する病気で徐々に物が見えにくくなる白内障などが原因となることもありますが、仕事やゲームなどでパソコンやスマートフォンを見続けるなど目を酷使する状況であったり、ストレスによっても目の疲れを感じることがあります。様々な原因によって疲れ目は起こるため、目薬や市販薬などは自分にあったものを選ぶことが大切です。

眼精疲労によい成分は?

眼精疲労に良い成分はビタミンB12とビタミンB2です。これらが配合されている目薬を使うことで疲れ目の改善が期待できます。これらの成分が配合されてる目薬は効果的ですが、効果のある成分が多く配合されていれば良いということでもないため、購入する場合には薬剤師に相談して自分の症状にあった目薬などを使うことが大切なことです。体の内側からケアするためにはサプリメントや市販薬などを飲むこともあります。選びたい成分は、ルテイン、ハーブの一種のアイブライト、アントシアニン、海老や蟹の甲殻などに含まれるアスタキサンチン、クチナシの果実やサフランなどに含まれている成分もあります。

まとめ

眼精疲労は目の疲れや痛みだけではなく、酷くなると頭痛や肩こり、吐き気などの症状を伴うことがあり辛いものです。病気の場合もありますが、パソコンを見続けて目を酷使している状況もあるので、最強の目薬をさしたり、市販薬を飲むことも良いですが、目が疲れる原因を改善することも必要です。病気がある場合は病院を受診したり、パソコンなどの作業では1時間に10分程度の休憩をとったり、質よい睡眠をとることも必要なことです。また、蒸しタオルで目の周りを温めることで血行が改善して筋肉のこりをほぐすことができるため、原因を見つけて対処することも目の疲労を改善するには必要なことです。

-眼精疲労
-, ,

Copyright© 目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.