眼精疲労・老眼・目の悩みを改善!サプリメント、グッズ、アイケア対策を実際に試してみました。

目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策

目のサプリメント

産後「目の疲れ」※目に効果のある食べ物・サプリメント

投稿日:

産後「目の疲れ」の原因とケア対策について。

目に効く食べ物や、安心安全に飲めるサプリメントもおすすめです。

産後の目の疲れの原因

産後に目の疲れを感じる人は多いのですが、その原因は、妊娠や出産による血液不足が関係しています。妊婦は赤ちゃんに対して血液を沢山送らなければならないので、体は貧血状態になりがちです。また、出産の際にはかなり多くの出血を伴うので、血液が不足し、それが目の周辺にも影響し、結果的に目を疲れさせることになります。体の血液が不足すると、目の周辺の毛細血管に血液を送ることができなくなるので、目の疲労感が増します。出産すると育児に忙しくなり、睡眠時間が確保できなくなるので、睡眠不足によって目に疲れが及ばないよう注意しなければなりません。

産後の目の疲れ、いつまで続く?

出産すると育児疲れでつらい思いをすることが多く、赤ちゃんを育てていくことの大変さを思い知らされます。お産のダメージが抜けきらないうちに家事にも復帰しなければならず、自分をいたわる時間や暇がないので本当に大変です。疲れと言えば、目の疲れが気になりますが、産後、いつまで続くのかと言うと、個人的な要因が強いので一概には言えません。平均的な考え方で言うと、赤ちゃんの授乳や夜泣きが終わるまではしばらくの間、続くと考えるべきでしょう。睡眠不足が原因の1つに関係してくるので、睡眠が安定しないうちは、疲れとの戦いが続きます。

産後の目の疲れに効く、食べ物は?

産後の目の疲れは何かとやっかいですが、効果が期待できる食べ物があります。出産した後、目が疲れるのは血液不足の影響が大きいので、血液を作る鉄分を多く含む食品を摂取するとよいです。レバーやひじき、大豆、アサリ、小松菜などに鉄分はたっぷり含まれています。目を丈夫にするにはビタミンAも効果的なので、うなぎやあなご、プロセスチーズやにんじん、ほうれんそうなどの食品もオススメです。アントシアニンも目に良い働きをしてくれるので、食材から取り入れる場合、玄米や豚肉、ほうれん草や納豆などを食べると良いでしょう。目が乾く場合はドライアイの可能性があるので、ビタミンEが豊富なうなぎや数の子、ウニなどの食材がオススメです。

目の疲れに効くサプリメント

目に良い栄養素を補給する場合、鉄分やビタミンA、ビタミンEが含まれている食材が効果的とされています。ただ、これらの栄養素を含む食品を毎日摂取するのは大変で、バランス良く摂るのは難しいです。たとえば、目を癒すのに効果的な成分で知られるアントシアニンは、カシスやブルーベリーに多く含まれていますが、毎日食べるのは厳しい食材です。毎日食事で取り入れるのは困難で食べ物では限界があるので、産後の目の疲れについてはサプリメントを利用すると良いでしょう。妊婦は健康的な母乳を作るためにもバランスの良い食生活を取り入れる必要があります。食材で補いきれない栄養素は、健康補助食品で摂るのがオススメです。

産後に安心して飲める、目のサプリメントとは

出産した後の授乳期は、ドライアイや眼精疲労になりやすく、目の疲れは放置すると首や肩こりに繋がり、視力低下にまで発展するので注意が必要です。目に疲れが出るのは、授乳による睡眠不足や栄養不足、貧血などが関係してくるので、これらの原因を改善してやる必要があります。そこでオススメなのが目のサプリメントで、産後に飲めるものとしてオススメなのが、さくらの森「めなり」です。2粒で1日に必要なアントシアニンやルテイン、ゼアキサンチンを摂ることができ、目に優しいビタミンやミネラルもたっぷり含まれています。めなりは、妊娠中や授乳中のママさんが飲んでも大丈夫で、妊婦や胎児にも悪影響はないので安心して飲むことができます。ただし、事前に医師に相談することが推奨されているので、医師の処方に従ってください。

-目のサプリメント
-, ,

Copyright© 目の悩み解消!デスクワーカーが実際に試した効果あるアイケア対策 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.